Skip to content
公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/09

M&Aの主な手法とそれぞれの特徴を理解する

M&Aの目的として企業買収や資本提携などがあり、その活用法にはさまざまなパターンがあります。こうした活用法を考えるときは、その効果を考える必要があります。

企業買収によって新しい人材を確保したり、新しい技術の獲得によって新しいビジネス展開を考えることもできます。

取引による高い効果を意識することを

水平型M&Aでは、同じ業種の企業同士が企業買収をおこないます。グローバル時代のビジネスは競争が激しくて、事業の強化を図り、拡大していく必要があります。そのためには新しい人材を確報して、新しい技術を得る必要もあります。新規事業への参入は新しい可能性を生みます。

買収完了後の動きはさまざまで、さらに他社を買収してビジネスを拡大していくこともあります。垂直型M&Aは、こうしたM&Aによって、企業を垂直的に統合できて経営を効率化します。製造業では製造から販売からサービスまでの流れを意識します。M&Aではさまざまな組み合わせを考えることができて、よりシナジー効果がある高い組み合わせを見つけるのが大切です。

仲介会社によっては、独自のAIシステムを活用して上手く組み合わせを見つけていることもあります。AIによって、ベストなパターンを推測している仲介会社などは人気です。人気の仲介会社の特徴として、成約率の高くて選定力が良いことがあります。仲介会社にはさまざまな特徴があり、完全成功報酬型などは人気です。

どの仲介会社に依頼するかは、実際に仲介会社のコンサルタントに会ってから決めると良いです。コンサルタントにはプレゼン力や説明力が求められます。プレゼン力や説明力があると、シナジー効果の説明が分かりやすいです。

手法の種類などを知ることによって

M&Aでは株式取得がよくおこなわれていて、株式取得型は事業譲渡型よりも手続きが簡単で人気となっています。株式取得型は手続きが簡単で税率が低いので、取引成立後も同じようにビジネスを続けたいときによく活用されます。事業譲渡型は特定の分野だけ企業買収をしたいときに人気です。

利益率の高い分野を獲得すると、ビジネスに新しい可能性が生まれます。グローバル時代のビジネス展開はとても早くて、需要が高まる分野にすぐに参戦する必要もあります。新しい成長分野にいち早く参戦するメリットはとても大きいです。こうしたことを可能にするのが企業買収などです。

素早く新しい分野に参戦すると、その分野のリーダー的存在になることもできます。M&Aによって、ビジネス全体の収益力の向上を図り株価上昇も見込めます。グローバル時代のビジネスは、さまざまな方法でビジネスの成長スピード早める必要があります。

こうした手法を取るときはさまざまな手続きが必要になります。信頼できる仲介会社を上手く見つけて依頼するのは大切です。M&Aによってビジネスの規模が大きくなり、知名度を高めることもできます。知名度が上がると高い広告効果が得られます。

さまざまな戦略を考えることによって

グロバーバル時代は視野を広く持つ必要があり、ビジネスを大きくするには利益率の上昇を図る必要もあります。利益率が企業買収によって高まると、株価が上昇しやすくなります。株価が上昇すると株式交換によって、新しいビジネスを買収することもできます。

M&Aをおこなうときはポジティブスパイラルを意識します。買収によってビジネス規模を拡大すると同時に、利益率の上昇を図る必要もあります。M&Aにはビジネスの信頼性の向上させる効果もあります。

株式によって企業買収をすると、個人の場合では所得税がかかります。法人の場合は法人税がかかります。事業譲渡では法人税の他に消費税もかかります。税金を考えるときは、資産やのれん代などを考える必要もあります。資産やのれん代が大きいと消費税の負担が大きくなります。このため資産やのれん代が大きい場合は、株式型を選ぶと良い場合が多いです。

仲介会社は専門家を組織化していることが多いです。税制に上手く対応するには、税理士や会計士や弁護士との提携関係を上手く築く必要があります。専門家を上手く組織化している仲介会社は、手続きのスピードが速くて、取引成立までの時間が短いです。完全成功報酬型の仲介会社は着手金などがかからないです。

こうした報酬体系の仲介会社を選ぶと、取引が成立しないときは費用が発生しないです。仲介会社を選ぶときは、報酬体系に注目する必要もあります。仲介会社を判断するときは、報酬体系だけでなく相手先企業の選定力やコミュニケーション力なども見るのも大切です。

 

グローバル時代は経営環境の変化が早いので、企業買収などがよくおこなわれます。企業買収によって事業の拡大を図るのは大切ですが、その際には社風が合うかどうかを知る必要もあります。経営環境が変わるときは、従業員への説明をする必要もあります。

相手先企業との交渉も上手くおこなう必要もありますし、手続きはなるべく迅速である必要もあります。こうしたことを上手くおこなうには、仲介会社を上手く選ぶのが大切です。仲介会社が取引成功に与える影響は大きいです。