Skip to content

M&Aの目的に合った方法を選ぼう

M&Aを利用して自分の会社をほかの会社に引き渡したり、事業を再生させるようなケースが増えてきています。

しかしM&Aと一口にいってもさまざまな方法があるので、どの方法のM&Aを実行するかがとても重要になります。

 

「資本提携」が目的のときに用いる手法

M&Aをおこなう目的として資本提携があります。

このうち資本提携が目的のときは主に4つの手法から自分の会社に合ったものを選択することになります。資本提携を目的として用いる処方は「合併」「買収」「合弁会社設立」「資本参加」の4つです。

それぞれの手法について詳しく見ていきましょう。

「合併」とは2つの会社が一緒になって1つの会社となることです。合併はさらに片方の会社にもう片方の会社が吸収されることとなる吸収合併と2つの会社が対等な立場で新しい会社を設立するという新設合併という方法があります。合併は特別に資金を用意する必要がないこと、企業の規模が拡大するので経済効果を得られること、契約などの関係をそのまま存続する会社に引き継ぐことができるというメリットがあります。

2つ目の「買収」は1つの会社がもう1つの会社を買い取るという形で1つになる手法で買収には「株式譲渡」「株式交換」「第三者割当増資」「事業譲渡」「会社分割」「TOB」「MBO」というような種類があります。買収は買収の対象となっている企業が所有している人材や技術、そして顧客や資源などを開発する手間をかけずに丹生SYすることができる、買収する企業を利用することで新規事業や市場への参入が容易になること、売り手側にとっては後継ぎがなかなか見つからないいわゆる事業承継問題を解決できるというようなメリットがあります。

3つ目の「合弁会社設立」は日本国内の資本と海外の資本が協力して出資し新しい会社を設立するという方法で「ジョイントベンチャー」とも呼ばれている手法です。合弁会社を設立することによって、合弁をおこなう会社と一緒に出資するので出資のリスクを抑えることができる、合弁会社が持っている技術や設備、人材を活用できる、合弁会社と協力することによって現地の人からの反発を少なくすることができるといったメリットがあります。

4つ目の「資本参加」は関係を強化したい会社の株式を持つことで協力関係を結ぶという手法です。資本参加をおこなうことで対象企業とともに新規事業を立ち上げることができる、株式を取得してもらうことにより自社の株価上昇につながる、お互いが経営の一部に参加することになるので契約する企業が増えたり販売するーとが広がるといったメリットが得られます。

 

「業務提携」のときに用いられる手法3つ

業務提携が目的の場合、主に用いる手法は「生産提携」「販売提携」「技術提携」の3つになります。業務提携の場合基本的に金銭のやり取りはおこなわず、あくまでもお互いの業務関係のみを協力し合うことになります。

「生産提携」とは業務提携のうちの、生産に関することでお互いが協力し合うことを指します。例えば顧客からの需要が急激に高まっている商品やサービスなどがあり、自社だけでの生産やサービスの提供が間に合わないといった場合に利用されることが多いです。生産提携を利用することでお互いが協力し合うことによって生産数が飛躍的に上昇すること、技術のノウハウを教えるわけではないので秘密面の情報が流出する恐れはないというメリットがあります。

「販売提携」は販売の分野で2社が協力し合うことで、お互いの会社が相手の販売ルートも活用したほうが自社の利益もアップすると考えた際に用いられることが多いです。お互いが持っている販売ルートを最大限に活用することによって自社の商品やサービスを新たな顧客に宣伝することができるというのは大きなメリットといえるでしょう。

「技術提携」とはお互いの技術を相手の企業に提供しあうといった手法で、商品やサービスを新たに開発したり改良したりする際に業務提携をおこなう企業の技術が欲しいという場合に用いられることが多いです。技術提携することによって今まで知らなかった技術やサービスを教えてもらえるため今までにないような良い商品を開発するためのきっかけとなる点が最大のメリットといえるでしょう。

 

「分割」で用いられる手法について

「分割の際に用いられる手法は「新設分割」と「吸収分割」の2つです。

このうち「新設分割」は自社が持つ事業のうちの1つを利用した新しく会社を設立する手法で、対価として株式で支払うことも可能なため資金を準備する必要がないといったメリットや分割する事業を選べるといったメリットがあります。

「吸収分割」は分割する事業をすでに事業を展開している企業へ吸収させる形で事業の分割をおこなうという手法で、新設分割と同様に資金の準備をしなくていいこと、分割する事業を選べるといったメリットが得られます。

 

M&Aにはさまざまな手法があり、自分の会社がどういったことを目的とするのかを定めてから利用するのが成功させるための秘訣になります。主に資本提携、業務提携、分割の3つを目的としてM&Aがおこなわれます。

そしてそれぞれの目的を達成させるための手法もさまざまなものがあるので、それぞれの手法の利点をよく理解し、最もメリットを享受できる手法を採用すればよいでしょう。とはいえ、自分一人で決めるのはなかなか難しいでしょうからコンサルタントなど専門家のアドバイスを受けながら進めていくようにしてください。