Skip to content
公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/18

M&Aをおこなうと生じる税金の種類や税率について

M&Aを実行するときはその種類を知り、かかる税金について知る必要があります。株式を活用して企業買収をするときは、株式にかかる税金を考えます。事業譲渡の場合は法人税がかかります。

赤字企業の場合、税率は0%となります。通常ですと税率は15%〜23.4%の範囲となります。企業によって実際の税率は異なることを意識するのが大切です。

広い視野を持つことによってビジネスの可能性を高める

企業買収などをおこなうときは税金がどのくらいかかるのかを意識します。事業譲渡をするときは、法人税と消費税がかかります。税制の違いを上手く活用するには、税理士や会計士などの専門家との協力体制を考える必要があります。仲介会社に依頼するとこうした専門家との協力関係を簡単に築けます。

M&Aを依頼する仲介会社には税制に対する相談もしますし、取引成立後の売上に関する相談もします。取引成立後のシミュレーションをおこなうのは大切です。こうしたシミュレーションが得意な仲介会社の人気は高いです。仲介会社には多様な能力が求められます。

相手先企業と上手く交渉してくれる仲介会社を見つけるのは大切です。仲介会社を判断する方法として成約率があります。完全成功報酬型で成約率が高い仲介会社は、交渉に自信を持っていることが多いです。交渉力がある仲介会社は取引成立までの時間が短いです。グローバル時代のビジネスはスピードが求められます。

取引成立までの時間が短いことは大切です。グローバル時代のビジネスは視野を広く持つ必要があります。発展途上国の企業に注目するのも大切です。人件費や仕入れ額を抑えるために、発展途上国の企業を買収することは多いです。

さまざまなリスクを上手く抑えることを意識

企業買収をおこなう目的はさまざまで、中小企業の場合は後継者不足に悩んでいることが多いです。買い手側はさまざまなメリットを考えて、企業買収をします。M&Aによって新しい技術の獲得を目指せます。最新技術や熟練の技術を得て、事業規模の拡大を図ることもできます。

企業買収によって市場でのトップのシェアを得ることもできます。既存事業の強化を図ることもできますし、製品の開発力を高めることも可能です。新規マーケットへ参入するときは手間とコストがかかりますが、M&Aなら手間とコストを抑えることができます。

M&Aをするときは利益だけでなく、企業や文化の違いや労働条件の変更なども意識します。こうしたことを意識しないと、人材の流出などがおきます。事業の素早い成長には企業買収が有効です。コスト削減や経営の多角化をして、イノベーションの促進も図れます。ビジネスをおこなうときは、経営資源の有効活用を考えます。

M&Aによって経営資源の有効活用を図って、相乗効果が得られます。事業を拡大して多様化を図ると、リスク回避もできます。少ないコストで新規事業に参入したい企業は多いです。発展途上国に進出人すると、件費を安く抑えることもできますし、原材料費も抑えることができます。税率が低い国でビジネスをするメリットは大きいですが、人材確保の難しさを意識するのも大切です。

さまざまなリスクを上手く把握することによって

海外企業を対象にM&Aを実行する際には、為替レートの変動リスクも想定します。あまり流通量の多くない通貨は短期間で大きく変動することもあります。企業買収の目的はさまざまで、ライバル企業の買収や競合他社の買収によって、ノウハウを得てシェアを一気に拡大できたりします。

ライバル企業や競合他社の買収をするときは、買収価格が高くなることを意識するのも大切です。企業買収にはさまざまなメリットがあり、商品の多様化を図りリスク分散も図れます。ビジネス規模の拡大により、仕入れの効率化も図れます。事業譲渡によって高収益部門を買収して、目的の分野に集中的に投資することもできます。

M&Aをするときは取引成立後の展開を見据える必要があります。企業買収によって経営の多角化を図ることもありますし、特定の分野に集中的に投資をすることもあります。良い仲介会社は戦略的な企業買収を実行してくれます。戦略的な取引をするには、視野を広く持つ必要があります。視野を広く持ってどのような組み合わせがベストかを上手く考えるのが大切です。

 

M&Aをするときは税制を意識する必要があり、株式譲渡をおこなうときは税率が低めになります。個人の場合は譲渡所得に対して、20.315%がかかります。その内訳は所得税15.315%で住民税5%となります。事業譲渡をするときは、法人税と消費税がかかります。法人税約20%に加えて、消費税として8%が課税されます。

株式譲渡によるM&Aのほうが税金は安くて人気となることが多いですが、事業譲渡では一部門だけの買収が可能となります。企業買収をするときは相手先企業の資産を精査します。のれん代や無形資産代が高く評価される場合は、税金を意識して株式譲渡を選ぶ場合が多いです。

株式譲渡ならば税率が一定で、税金を安く抑えられることができます。取引をおこなうときは仲介会社に支払う報酬も考える必要がありますし、適用税率について考える必要もあります。