Skip to content

仲介会社の比較ポイント|M&A仲介業者はどんなことをしてくれるのか

M&A仲介業者は色々あるため、利用をするときは比較する必要があります。

比較するときは、どんな内容のサービスでどこまでサポートをしてくれるかを確認します。

仲介業者の選択によって、今後の会社経営にも大きな影響があります。

仲介業者選びに失敗しないために、ニーズや問題点などをしっかりと把握してそれに合ったサポートをしてくれるところを選びます。

 

M&A仲介業者のサポート内容について

M&A仲介業者を比較するときにサポート内容は重要です。

中には着手金だけ払って何もサポートがないという会社もあります。

M&Aをする目的は企業によってさまざまです。

多様な目的に対して、その業界のコンサルタントなどが専門的なアドバイスをしてくれたりします。

M&Aの知識や情報が乏しい経営者であってもより良い提案を受けられます。

また、取り扱っている売却希望や買収希望の案件からニーズに適した企業をマッチングしてくれます。

経営者だけではニーズに適した企業を見つけることは難しいです。

中には、金融機関や会計事務所などと提携している場合があります。

自社以外のネットワークから情報収集してくることもあります。

M&Aを成功させるためには、ニーズに合った企業を見つけることです。

中には、対象企業の情報収集からデューディリジェンス、契約の締結まで一貫してサポートをしてくれるところもあります。

アフターフォローまで提供しているとこもあり、その後にどうしたら良いか分からないといった不安がある経営者には心強い内容です。

M&Aを利用する企業は、さまざまな業界や企業規模の違いがあります。

業界に特化したり企業規模に特化したサービスを提供してくれるところもあります。

利用する側の企業にとってコストをいかに抑えられるかは重要な部分です。

価格交渉を代理でしてくれるところもあり、直接企業同士が交渉するよりも中立的な立場から価格を判断して交渉してくれます。

 

M&A仲介業者の選び方について

M&A仲介業者がどこまでサポートしてくれるか分かったら、次に比較しながら合ったところを選びます。

まずは信頼できるところを選びます。

ホームページなどを見て、今までの実績や経験が豊富かどうか確認をします。

幅広い知識が必要となるため経験や実績は参考になります。

無料相談を行っているところも多いので、そういうのを利用して担当者との相性や親身になって対応してくれるかも判断をします。

取り扱っている規模も確認する必要があります。

M&A仲介業者によっては取り扱っている案件の規模を限定しているところも多いです。

同じ規模の案件を取り扱った方が相談にのりやすく、きめ細かなサポートができるからです。

また、得意とする分野に違いがあります。

財務、会計、金融など専門性があるところやその業界に強いところなどさまざまです。

取り扱う案件の規模や種類によって、必要とされる能力や営業スタイルは変わってきます。

料金体系も違いがあります。

着手金の有無や固定報酬型、成功報酬型などです。

着手金が必要な場合は、M&Aが成功しなくてもそのお金は戻ってきません。

料金体系はホームページではわからないことも多いです。

契約を締結する前にしっかりと確認しておくことが大切です。

担当者が担当している案件数も大きな仲介業者を利用するときは確認した方が良いです。

担当している案件数が多いと自社の優先度が低くなることがあるからです。

成功率の高そうな案件から進められることがあり、時間がかかってしまうこともあります。

 

M&A仲介業者を利用する意味について

多額のお金を支払って利用する意味がなくては無駄になってしまいます。

売り手と買い手の間を取り持って、両方からの条件や要望を詰めていきます。

利用する最も大きな意味は、売り手や買い手の候補が見つけやすいことです。

より多くの企業の情報を保有しているところは、それだけ条件に合った企業とマッチングしてくれます。

1から探す必要がないので手間を省けます。

M&Aをスムーズに行うことができるのも良いところです。

ただ単純にマッチングをしてくれるだけではありません。

マッチング前に企業の評価や、ノンネームの作成、合意の締結から最終的に契約の締結まで、全ての段階でサポートをしてくれるところが多いです。

専門知識を持った担当者が付いてサポートをしてくれることで知識が少なくても大丈夫です。

また、万が一のトラブルにも適切に対応してくれます。

交渉を代理してくれるところもあるため、中立的な立場でお互いに納得できるポイントを探してくれます。

直接交渉するとお互いに譲らず、M&Aの話自体が白紙に戻ることもあります。

そうするとまた1からになったり、M&Aが合意されても、しこりが残ることになってその後の経営に支障が出てきます。

ただし、良い面ばかりではなく注意点もあります。

成功報酬を上げるために、不適切な価格で提示するところもあります。

こういったことを避けるためには、金額設定の経緯などをしっかりと説明してもらいます。

自社の顧問弁護士に相談するのも良いです。