Skip to content
公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/24

M&A仲介業者は具体的にどんなサポートをするのか


会社の経営者が、自分の会社をよそに売り渡したい場合M&Aの業者を利用することで、実現可能になるでしょう。ただ、初めて利用する場合にはいったいどのようなサポート内容なのか、そして仲介業者が具体的にどのような手順でM&Aを達成させるのかがわからないでしょう。そこで業者のサービスをいくつか見ていきましょう。

現状を把握することからスタートする

M&Aを仲介業者からすればM&Aを申し込んでくれる会社は立派なお客さんになります。そのため、さまざまな手を尽くしてよりお客さんに満足してもらうような結果を出すはずです。

ただその大前提として、申し込んでくれた会社の規模がどのようなものなのかそしてどのような特徴があるのかを明確にしていかなければいけません。あくまで、別の会社に吸収してもらう場合や営業だけ譲渡することになるため、明確な情報が欲しいわけです。

そこでまず申し込んできた会社の内容を調査していきます。調査した結果、それなりに価値があると判断された場合には積極的にM&Aを進めてくれるでしょう。しかしながら、合併する価値がないと判断した場合にはその旨を明確にしていきます。

また、規模によって時間がかかることも知られています。例えば、社員が数人しかいない中小企業の場合には比較的簡単に吸収合併をすることが可能になるでしょう。着手から結果を出すまでの時間もそれほどかからず、半年程度で顧客が満足できる結果を出すことは難しくありません。これに対して、ある程度規模が大きい企業の場合にはそう簡単に合併相手が見つからないことが多いです。

もしそのような情報が明確になっているとすれば、事前に会社の売り手側に説明をしてくれるでしょう。

サポート体制も充実していること

M&Aの仲介業者に申し込んだ会社は、そこまで知識がないことが多いです。そのため、仲介業者としてどのような方法があるかを紹介してくれることが多いです。

例えば、サポートの一つとして単に株式譲渡をするだけの方法を選んでもらうこともあります。ただ、場合によっては事業譲渡や完全なる合併をおこなったほうがよい場合もありますので、その場合には理由を説明し事業譲渡や合併の方向に進めていくでしょう。

経営権まで移転することを避けたい場合には、株式の持ち合いなどを提案することもあります。この点に関しては、その会社の状況によってどのような結果が出るかは変わってくるでしょう。

それと同時に、買い手の情報も提供してくれるサービスもあります。例えば、買い手側としては株式の持ち合よりも経営譲渡だけを望んでいるような場合にはそちらを進めることもあります。そのため、うまく折り合いがつかないこともあり、その点のサポートもおこなってくれるでしょう。

従業員をどのように扱うかも問題になる

会社には従業員がいないところもありますが、M&Aをするような会社はたいてい従業員が複数存在しています。もし、吸収合併した場合などを従業員がどのような扱いを受けるかが経営者としては気になるところです。

経営者も従業員に対して不義理はしたくありませんので、穏便に物事を解決しお互いに気持ちよく新しい次のステップに進んでもらいたいと考えるはずです。

この点に関して、仲介業者の方も従業員の対応を十分に考えています。買い手側によっては、今までと同じような仕事内容をおこなってもらうところもありますが、従業員としてはその形が一番良いといえるでしょう。

ですが、相手との折り合いが十分に付かなかった場合、妥協しなければならないこともあります。その場合には従業員を減らすなどの対応しなければならないこともあります。会社を辞めてもらう従業員もいますので、どれぐらいの退職金を出すかなどの話にも仲介業者のサポートが役に立つのです。

M&Aをしたあとにおこる問題などもサポートしてくれるところも少なくありません。会社同士を合併させるわけですので、後になって何らかの化学反応が起こっても不思議ではありません。このような場合、仲介業者は二つの会社を合体さずることに成功したのでそれ仕事はおしまいと考えるのではなく、事後のサポートも十分におこなっていくように考えているところも多いです。

トラブルにもいくつかターンがありますが、やはり金銭面のトラブルと人間関係のトラブルはよくある話です。仲介業者としても、過去の事例を交えながらどのように解決していったらよいかを提案してくれます。

 

M&Aをおこなう場合には、仲介業者を使う必要がありますがこのときどのようなサービスがあるかといえば、まず相手の会社を紹介してくれることです。とはいえ、相手の会社も合併したいところ選ぶ権利がありますのですぐにうまくいくとは限りません。この場合、可能な限り迅速に合併がおこなわれるように手伝ってくれるのが業者のサービスの特徴です。

また、M&Aといっても実にさまざまな種類があります。どの手法が一番妥当かは売り手の会社が決めることもできますが、その点を考慮しながらプロの意見を述べてくれるのが仲介業者の魅力といえます。さらに、のちに起こりうるトラブルなども考慮し、実際にトラブルが起きたときには十分な対応してくれるところが増えてきている傾向があるでしょう。