Skip to content
公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/09

M&Aの手法ごとに専門の仲介業者があるのか

M&Aをおこなう場合には、それぞれの会社の特徴をよく見ておく必要があります。必ず仲介業者には特徴がありますので、その特徴を理解しておくことでより有利に契約を進めることができるでしょう。このとき、手法ごとにその専門性があるかが問題になります。

それぞれの手法はどのようなものがあるか

M&Aといってもさまざまな手法が考えられます。だいたいどのような手法があるかを理解して利用するようにすると良いでしょう。

まず、株式譲渡と呼ばれるものがあります。これは株式を譲渡することにより経営権を相手に渡すことです。株式は合同会社や有限会社などでは所有していませんのでこの方法を使うことができないでしょう。ですが株式会社の場合には上場などをしていないところでも株を発行しているはずですのでこの方法を利用することができます。

この方法の特徴は、売り手側が株式を譲渡することになりますので、実質的に会社自体はそのまま存続するとしても、決定権などは買い手側に行くことがわかります。このように、株式を譲渡することで比較的簡単にM&Aをする方法です。この方法は、親会社と子会社と言う関係になり、子会社が消滅してしまうわけではないです。

次に、会社分割と呼ばれる方法があります。会社を分割し1部だけを相手方に譲り渡す方法などが考えられます。これを利用するときには、その会社の中で残しておきたい事業がある場合、その事業だけを残しておくようにします。会社の中にはそれ以外の事業が存在する場合もありますが、それ以外の事業をなくしてしまうことが考えられるでしょう。

買い手としても、その事業が欲しい場合その部分だけをもらうことにより契約が成立することになります。それ以外の部分を解体しますので、事前によく考えておこなうことが重要です。この仕組みを利用すると、売り手の会社も子会社として残るようになります。

後は、合併と呼ばれる方法があります。これはニュースなどでよく聞く方法によりますが、この方法の特徴は売り手の会社が完全に買い手の会社に吸収されることを意味しています。つまり、売り手の会社は完全に消滅してしまうことです。子会社と親会社の関係ですらありません。

業者によってすべてのM&Aをおこなっているところもある

M&Aの内容はいくつかあることがわかりましたが、それぞれの内容をすべて1つの仲介業者がおこなっているかと言えば、おこなっている場合もあればそうでないのでしょう。

すべてをおこなっている仲介業者があるとすれば、それはある程度大きな会社になります。仲介業者の従業員だけで数十に入るようなところは、それぞれ会社内で専門の課があるところも少なくありません。

このパターンは、内容によりどこの課に振り分けるかを会社内で決めることになります。ただ、その中でもやはりその会社特有の強みの手法を持っている可能性があります。例えば、会社合併に関してはあまり得意としていないけども、株式譲渡に関しては得意としている会社もあるわけです。

このようなときには、株式譲渡をするとき有利になるといえます。これをどのように判断するかと言えば、直接業者に聞いてみても良いかもしれませんが、ホームページなどを見ると概ね理解することができるはずです。

例えばホームページを見たときに、1番力を入れている内容が先頭に紹介されていることが多いですので、その方法で判断すると良いかもしれません。

小さな会社の場合には1つだけのことも

これからM&Aをおこないたい場合には、いくつかの仲介業者がある中で、規模が小さなところもあります。

例えば、代表取締役しかいないようなところや社員が2人ぐらいしかいないようなところも実際にあるわけです。そのようなところは、さまざまな手法をおこなっているところもある中で、やはり専門性を持っており会社合併等しかおこなっていない可能性も高いです。

規模が小さい分、絞り込みをおこなうことで外との差別化を図っているといえます。差別化をするメリットは、大きな会社に対抗して特定の手法だけ大きな会社に勝てるようにしているわけです。

そのため、経験数が多く大きな会社に引けを取らないどころか、実績も優っているような可能性があります。そのため、すでにM&Aを決意しておりどのような手法でおこなうかまで明確になっている場合には、いぶし銀のような小さな会社に相談をしてみるのも悪くはありません。

大抵の場合、地域密着型でおこなっているため特定のエリアでしか活躍していない可能性があります。逆にそれが魅力となっており、より有利にそして安心して任せることができるかもしれません。もちろんその会社の実績などを判断して、本当に安心できるかを調べておくのが良いでしょう。

 

M&Aをおこなう場合には、株式譲渡や会社分割そして会社合併等の手法が採用されることが多いです。これらは、仲介業者ごとに専門性を持っているところもありますが、ある程度大きな仲介業者の場合はすべての手法をおこなってくれるところもあります。

ただ、大きな仲介業者でもその中で必ず得意としているものが存在します。もし会社合併を得意としている場合には、会社合併をするときにその業者を利用すると良いです。そのほうが、より確実にそして安全に取引をすることができるでしょう。