Skip to content

M&Aの意味とは?比較して仲介業者に依頼しよう

M&Aは英語のMergersとAcquisitionsを略した言葉で、合併と買収の意味を持ってます。

簡単に言うとビジネスの売買や複数のビジネスを一つに統合するための手法で、売り手は事業継承や資金調達、コア事業への集中など、買い手は事業規模を広げる目的などで行います。

ここでは基礎知識や種類などを紹介、また仲介業者を比較するので参考にしてください。

 

M&Aの意味や行う目的について

仲介業者を比較するときにはM&Aを行う現在の中小企業の問題も知る必要があります。

殆どの中小企業は事業承継問題を解決のために実施しますが、これは高齢化や職業選択の多様化が原因です。

これまで、後継者がいなくて事業承継問題が起きたときは廃業を選ぶことが一般的でした。

これまで培ってきた技術や知識などが失われることは経営者にとってはかなり哀しいことで、従業員や取引先にも迷惑がかかります。

さらに日本の経済を支えている中小企業が減少することは国にも大きな損失を与えますが、2000年代ころから大手企業同士でM&Aが行われはじめてから、その有効性が知られるようになりました。

それからは仲介業者や国も全面的に中小企業の事業承継のサポートを始めたため、現在はたくさんの企業が活用して経営問題を解決してます。

この手法を選ぶ目的の一つに買い手で多いのが新事業への進出で、通常、全くゼロの段階から始めると費用や時間もかかります。

それをこの手法だと新事業と同じ事業分野の既にある会社を直に買収すれば、設備や人員、顧客なども引き継げます。

これで新事業を立ち上げる時の負担を減らせます。

経営再建を目指すために行う会社も多く、中小企業だと資金や規模の影響で経営が行き詰った時に建て直せなくなることも多いです。

大手企業に買収されると大手の資本のサポートを受けやすくなりノウハウも得られます。

バックアップがあれば経営再建も進みやすく、将来性がある会社だと業績不振や赤字でも買収されることは多いです。

 

M&A手法の種類やその主な特徴について

M&Aの手法にはいくつかの種類があり、一般的には株式譲渡や事業譲渡、合併に会社分割があります。

他にも色々あって株式の持ち合いも手法の一つで、複数企業が相互に相手企業の株式を持つ手法で、安定株主の形成や敵対的買収の阻止が目的で行います。

業務提携もこの手法と考えられていて、製品開発で企業同士が互いに協力することで単独で行うよりも良い結果を出しやすいです。

仲介業者の比較では、どの手法を選ぶかでも依頼する会社が違ってきます。

株式譲渡だと会社丸ごと売却するときの方法で、売り手が所有している株式を第三者へと売却して経営権を譲渡します。

簡潔な手続きで実行できるためよく使われています。

株式譲渡で行うときは所得税と住民税が課税されます。

これは株主が個人の場合で、法人の時は会社側に法人税が課税されます。

殆どの中小企業は株主を非公開にしていて、非上場企業が株主譲渡をするときには、時価よりも著しく低い値段で行うと税金面では不利になります。

事業譲渡は、会社の一部だけを売却する方法で柔軟に活用出来ます。

売り手は優先度が低い事業だけ売却すれば、獲得した資金や浮いた経営資源を主な事業へ投資出来ます。

買い手も、欲しい事業だけ買収出来るため、会社丸ごと買収をするよりも買収費用が抑えられます。

ただ、手続きが面倒で株主総会の特別決議や、資産や債務の移転手続きなど手間や時間がかかります。

もう一つは会社分割で、組織再編が目的ですが事業譲渡と同じように一部を売買する目的で活用されたりします。

新設と吸収の2種類があり、様々な契約を纏めて引き継げますが、不要な資産や簿外債務を引き継ぐリスクもあります。

 

M&A業務内容と手順の流れについて

仲介業者を比較して依頼するときには、事業内容と手順の流れも把握しておいた方が良いです。

実行を検討するときは依頼した仲介業者のアドバイザリーに相談します。

ここでは流れや会社売却価格、業界ごとのM&A動向、失敗や成功事例、メリットなどを相談出来ます。

次に開始するにはアドバイザーと提携契約を結びますが、仲介業者ごとに手数料や成果報酬が違っていて費用も高額になりやすいので、事前に料金についてもしっかりと確認して比較する必要があります。

依頼したら、買い手は買収を検討するときは売り手企業の基本情報を参考に、売り手は企業情報に関した書類を仲介業者へと提出します。

必要な書類はかなりの量になるので、アドバイザリーに確認しながら早めに必要書類を集めるのがおすすめです。

それから、企業価値の算出をしますがこれは行う時に買取価格の基準となる価格を割り出す実務で、算出方法はいくつかあって一番利用されているのは、時価純資産価額法です。

これは純資産に着目して株価を算出する手法です。

仲介手数料は着手金や成功報酬があり、数百万円から数千万円程度の費用がかかりますが成功率を高めるには必要です。

実行では株式譲渡や事業譲渡の手法を用いますが、手法に関係なく税金がかかります。

株式譲渡だと売り手側に所属税や住民税、法人税、事業譲渡だと消費税と法人税が課税されます。

税金の支払いがあるのでM&Aで調達した資金は残しておく必要があり、事業承継で後継者が経営権を引き継いだときもかかります。

更に、経営者が生きている間に事業承継すると贈与税、亡くなった後だと相続税がかかります。