Skip to content
公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/03/15

M&Aを比較して依頼する理由|企業が抱える問題を解決できる

M&AはMergersandAcquisitionsの略語で、合併と買収という意味の言葉です。

M&Aは複数の会社が一つの目標のために協力するための体制の事を意味しており、複数の企業が1つになる合併や、他の会社を買い取るという形で行われる買収という経営の統合形態のことなのです。

そこでM&Aを比較して依頼する理由についてご紹介したいと思います。

 

M&Aにはいくつか種類がある!

合併と買収を意味するM&Aは大きく5つの形態があると言われており、業務提携や資本提携、分割や買収、そして合併に分けられています。

そして、それぞれの形態には特徴があり、どのような形態でM&Aを図るのがベストなのかという点についてはそれぞれの企業ごとに様々あり、M&Aを行う相手企業によっても変わってくるのです。

そのため、こうした協力活動は企業同士の相性などを見ながら決めていくという方法です。

ではなぜ企業がこうした形をとるのかということなのですが、その理由としてはその企業の抱える問題を解決できるということが大きく挙げられます。

企業には何かしらの課題があり、そうした課題を解決する方法を模索した場合、M&Aが最も最適であったという場合にこうした手法が対策としてとられるのです。

そしてM&Aを行うという場合には、どのような形態の形で行うのかといった点をよく比較して依頼するということになります。

例えば、業務提携を行うといった場合、その理由としてお互いの企業の利益のためにノウハウや技術力を共有し、特定の分野での協力を行うという理由が挙げられるのです。

業務提携には販売提携や生産提携、技術提携の3つの種類があり、商品を開発した企業が販売提携を結ぶことで、提携先のパートナーの販売ネットワークや販売ノウハウなどを活用し、販売を委託するといった方法でお互いにとって利益が得られるようになるのです。

同様に、生産面や技術開発面で協力することでよりよいメリットをお互いに得られるようにします。

 

具体的にどんな形態別の特徴があるの?

M&Aを行うと言う場合にはどの形態を選ぶかをよく比較した上で決定していくことが重要です。

業務提携が行われるのは、良い商品はあるけれども販売ネットワークが弱いと言った問題を解決するといった理由が挙げられます。

それぞれの企業は販売面や生産面、技術面などで問題を抱えており、そうした点を解決していくことで利益を増やすことができるようにこうした活動が行われているのです。

M&Aを行うためにはまずはそれぞれの形態の特徴をよく知っておくことが必要になります。

業務提携では販売面だけでなく生産面や技術開発面でも協力することでよりよいメリットをお互いに得られるようにしてくことを目指す形態になりますが、他にも、資本参加や資本の相互保有等を行う資本提携という方法もあります。

資本提携はお互い独立した形で相手の株式を持ち合いながら関係を強化していくことを言い、資金も協力しながら相手の利益と自身の利益の獲得を図っていくということになります。

分割はその企業の事業に関し、持っている権利義務を新たに設立する会社か相手会社に承継させる事業承継という方法になります。

買収は会社が相手方の会社の経営権を買い取るという事を意味し、経営権を買い取られた会社はそのまま存続するという形になっています。

そして、合併は複数の会社が一つの会社になる事で、合併に参加した1社を除き、他の会社は消滅する吸収合併という方法が行われているのです。

このように、それぞれの形態には特徴があります。

 

事業承継の視点などから注目されている!

M&Aにはこうした特徴がありますが、どのような形態で協力をするのかというのはそれぞれの会社の抱える問題や相手企業の業務内容、経営者の考え方などによって異なっています。

昨今、こうした手法は以前より増えていると言われ、後継者難などの事業承継問題に直面する企業等においてこうした方法を解決する手段としてこの手法が注目されているのです。

以前であれば、このような方法は身売りといった見方などが在ったと言われますが、人口減少社会の到来によって国内市場がだんだんと縮小するという事が指摘されている今日では、海外の市場を開拓するためのより戦略的なM&Aが増加しているという事です。

経営者の方にとっても、後継者不足という状況の中で新たな可能性を探していくための手段としてこのような方法が注目されているという事なのです。

目的に適したM&Aはその企業とともにその相手側の企業にとってもメリットがあり、会社を苦境から救う一つの方法として注目されます。

そのため、こうした手法を実際に取り入れて会社の抱える問題を解決するという場合にはどの形態が最も適しているのかという事を客観的な視点から判断し、よく比較検討して実行するという事が不可欠になります。

そのために、通常はM&Aを取り持つコンサルティング会社などに依頼しながら実行していくという方法が一般的で、自社の抱える問題を解決するためよりよい相手を見つけて協力していくという方法がM&Aなのです。