Skip to content
公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/12

M&Aで事前に準備することはある?

企業の買収や合併を考える際には、税負担を意識する必要があり、税制に強い仲介会社を探す必要もあります。企業買収をおこなうときは、買収先の資産を精査することが大切です。

こうしたことを確実におこなうには、税制の理解が深くて企業価値の算定に定評があり、シナジー効果の推測も的確である仲介会社に依頼するのが重要です。

 

まず仲介会社の選定をおこなう

M&Aは手続きが複雑ですし、企業買収をするときはその企業について精査する必要もあります。M&Aをおこなうときは仲介会社に依頼するのが一般的となっています。仲介会社はさまざまで会計の専門家である会計士や税の専門家である税理士が多数在籍している場合もあります。

仲介会社の手数料も仲介会社によって異なります。着手金が必要である場合とそうでない場合とがあり、月ごとにかかる費用がどれくらいかも仲介会社によって異なります。仲介会社によっては成功報酬のみの場合もあります。M&Aをおこなうときはその準備について考える必要があります。

仲介会社の選定はとても大切な準備で、リクスを抑えて依頼するには成功報酬のみの仲介会社に依頼すると良いです。こうした仲介会社は組み合わせの選定に自信を持っている場合が多いです。M&Aの準備として対象企業の選定があります。シナジー効果を期待して企業買収をするときは、その企業を買収することでどのような効果が得られるかを考える必要があります。

グローバル時代はビジネスの展開が早くて、ビジネスにおける決断をより迅速におこなう必要があります。仲介会社に依頼することで、より短時間でベストな組み合わせが見つかります。M&Aはその方法によって、かかってくる税率も異なります。税制に強い仲介会社は、買収や合併をするときの税対策などもが万全です。

 

税率に関する知識を得る時間を作る

企業買収といってもその方法はさまざまで、会社を丸ごと売却するときの一般的な方法として株式譲渡があります。株式譲渡では売り手が所有する株式を第三者に売却することで、会社の売却が完成します。上場企業の株式の価値を判断するときは、株価を参考にします。

非上場企業の株式を判断する際には、その企業の資産価値と利益率などを考慮します。株式譲渡による企業買収は手続きが簡単ですので、中小企業の企業買収でよく活用されます。中小企業の場合は非上場企業であることが多いので、株価の算定により時間をかける必要があります。こうした時間はじっくりとかけるのが大切です。

株式譲渡による企業買収では、株価の算定によって必要な資金が決まります。株式譲渡によって企業買収をおこなうと、所得税と住民税が課税されます。売却代金から譲渡費用を引くと、譲渡所得が求められ、この譲渡所得に所得税と住民税をかけます。所得税15%と住民税5%になるのが一般的です。こうした税率を考えるときは、株主が個人か法人かを考える必要があります。

株主が法人の場合は法人税が課税されます。中小企業の場合は株主がオーナーであることが多いです。税に関する知識を得るのもこうした手続きをするうえで大切です。

 

企業価値の算定をどのようにおこなうか

M&Aで成功をするには、対象企業の企業価値の算定を的確におこなう必要があります。企業買収後のシナジー効果を算定するのも大切ですが、まず企業価値の選定を確実におこなうのが大切です。企業価値の算定にはその企業が持つ資産のリストを作ります。資産価値は時間で求める必要があり、その資産が生み出す利益の推測もおこないます。

M&Aは買い手企業と売り手企業とがお互いに納得する必要があります。売却価格を算定するにはお互いに交渉をする必要があり、仲介会社に交渉を依頼するのも大切です。実績のある仲介会社は売り手と買い手の間に上手く入ってくれます。

企業買収によるシナジー効果を算定するには、企業買収後の売り上げの推移を考える必要があります。この売り上げと利益によって、買収対象企業の企業価値が定まります。企業は土地を資産として持っていることが多いので、その資産価値を判断するときは土地価格の推移も考える必要があります。

土地価格は都市部の中心にあるほど、価格が安定する傾向があります。どの地域の企業を買収するかで、その資産価値の算定は大きく異なってきます。都市部にある企業は都市部に土地を持っている場合が多いです。

 

M&Aで企業買収などをおこなう際には、対象企業の選定をおこなう必要があります。こうした選定が得意な仲介会社に依頼するメリットは大きいです。実績のある仲介会社は、対象企業の選定や税制にも強くて、企業価値の選定にも優れています。

買収対象企業の企業価値はその企業が所有している資産にも影響されます。企業買収を的確におこないシナジー効果を得るには、適切な準備をおこなう必要があり、そうした準備を確実におこなううえで仲介会社の選定はとても重要です。