Skip to content
公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/24

M&Aを検討する!相手先を決める際の基準とは何か


企業買収の目的としてはシナジー効果を得ることがあります。その目的を達成するには相手先企業の選定が大切となり、財務状況の把握などは確実におこなう必要があります。こうした取引をおこなうときはさまざまな状況変化を考えるのが大切です。場合によっては取引を中止することもあります。

仲介会社を上手く選ぶことを考える

M&Aによって企業買収や資本提携が可能となり、その相手先企業を選ぶときは選ぶ基準を考える必要もあります。選ぶ基準としてどのくらいのシナジー効果が得られるかがあります。

シナジー効果として販路拡大や新しい人材の確保、新しい技術の獲得などがあります。企業買収によって新しい人材や新しい技術を獲得してから、新規事業への参入などをすることもできます。買収完了後のさまざまなパターンを想定するのは大切です。

企業買収や資本提携をするときは、さまざまな組み合わせを想定できます。M&Aによってグローバル時代の経営環境に対応できます。グローバル時代は経営環境の変化が激しいので、積極的に企業買収をする必要もあります。

こうしたことを依頼する仲介会社は、成約率の高さや相手先企業の選定力などが求められます。仲介会社に依頼するときは、相手先企業に求める基準について仲介会社とよく話し合うことも大切です。

M&Aの方法として、株式取得や事業譲渡などがあり、株式取得は手続きが簡単で、取引成立後も同じようにビジネスを続けられます。株式取得型だと、関係先企業との関係もそのままとなります。事業譲渡型は特定の分野だけを買収したいときによく活用されます。事業買収型を選ぶと法人税がかかります。

総合的な視点を持って判断することを

M&Aをおこなうときに相手先企業に求める基準として社風が似ていることなどもあります。社風が似ていると買収が成立した後のビジネスがやりやすくなります。

M&Aをおこなうときは心理面を考える必要もあり、仲介会社には交渉力や従業員への説明の丁寧さや、相手先企業との交渉力が求められますし、プレゼン力も求められます。ビジネスにおける手続きは迅速におこなう必要があり、手続きの迅速さも仲介会社に求められます。

報酬体系を知ることも、仲介会社を選ぶときに大切になります。完全成功報酬制で中間金などが必要ない仲介会社の人気は高いです。仲介会社を選ぶ基準として、完全成功報酬型などがあります。

相手先企業に求める基準として、簿外債務なとがないこともありますし、十分な資産があることもあります。相手先企業のイメージを考えるのは大切です。イメージが良い企業を買収することで、知名度が上がり広告効果が得られます。

買収によるシナジー効果を考えるときは、どのくらい販売地域が拡大するかを考えます。販売知識の拡大を目的としている場合は、販売地域の想定がより大切になります。

そのメリットを上手く想定することによって

M&Aによるシナジー効果を考える際には、そのことによる取扱商品の多様化やリスク分散を考える必要もあります。取扱商品の多様化によって、売り上げにおけるリスク分散が図れます。

ビジネスにおいてリスク分散の重要性はとても高いです。仕入れの効率化とスケールメリットなども想定できます。事業譲渡によって、その企業の高収益部門を買収して、ビジネスの利益率の上昇も見込めます。何を求めるかによって、M&Aで選ぶ企業へ求める基準は異なります。

企業買収によってROEが改善されると、株価上昇が期待できます。株価上昇によって、ビジネスにおける投資がしやすくなります。企業買収はポジティブスパイラルを生みます。こうした取引成功後のサポートを考えるのは大切です。

仲介会社を選ぶときは、取引成立後のサポートを求めるかも考えます。取引成立後のサポートを受けるほうが、取引成立後のビジネスが順調になることも多いです。グローバル時代のビジネスにおいて企業買収や合併や資本提携などは一般的となっていて、経験豊富な仲介会社は増えています。

 

M&Aは新たな成長分野への参入を容易にします。こうした手法を取ることで、新しいビジネスを立ち上げるコストを抑えることもできます。グローバル時代は経営環境の変化が早いので、企業買収によってその変化に上手く対応する必要もあります。

M&Aにおける成功報酬は売買金額などに影響されます。売買金額に一定の割合をかけたのが成功報酬の額となります。売買金額ごとに、成功報酬額は異なります。

成功報酬型の仲介会社は最低報酬額を設定していることが一般的です。仲介会社に依頼するときは、総額どのくらい費用がかかるかを想定するのが大切です。着手金が必要なときは着手金のことも考えます。成功報酬型でも、M&Aの基本合意のときに中間金などがかかることもあります。