Skip to content
公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/10/09

M&Aをすると従業員のモチベーションが下がってしまう?

会社が赤字になり経営が難しいと判断した場合には、M&Aをおこなう会社も少なくありません。この場合、従業員のモチベーションが下がってしまうことが考えられるでしょう。

従業員のモチベーションが下がってしまうと、売り上げが減少したり、あるいは離職率が急激に高まるようなことも少なくないです。

安心して仕事ができる環境にしよう

M&Aをされる側の会社の従業員は、環境が新しくなることからさまざまな問題を予想します。

例えば、今までの働き方ではいけない場合に新しい働き方を模索しなければなりませんが、それに対して抵抗を感じる人は少なくないでしょう。そこで、働き方を今までと同じにするように仕向ければ、モチベーションが下がることは少なくなるでしょう。

基本的に人間は、新しい環境に入ることを嫌がる傾向があります。なぜかといえば、今までのやり方が通用せずそれがストレスになってしまうからです。

今までやっていたやり方が一番コンフォートゾーンを感じる場所ですが、今までのやり方ができなくなってしまうとコンフォートゾーンから外れてしまうことになるためストレスがたまることになるわけです。それだけならばまだよいですが、仕事のやり方が変わったことによりミスが増える可能性も高いでしょう。

一人や二人ならばそれでも問題ないですが、多くの社員がそのような状態になってしまえば赤字が続くことも考えられます。中には、どのような状況にも対応できる能力の高い人がいるのも事実です。

ですが、そのような人はほんの一部だけですので多くの場合は、環境の変化に耐えられないこともあるでしょう。いずれにしても、新しい環境に入ってからも今までのやり方が通用するように仕向けておくことが大事です。

目標を明確に定めることが大事になる

会社の中で目標を定めていない従業員も少なくありませんが、人間は目標を定めないと何となくだらだらと仕事をしてしまいます。

例えるなら、その日の目標を明確に定めない場合いつまでたってもダラダラと仕事をしてしまう人も少なくありません。特に目標がなければ、いわれた仕事だけをすればよいと解釈する人が多いです。

ですが実際には、会社経営者としては可能なかぎり自分で考えて自分で動くようにしてほしいと述べるかもしれません。確かに、経営者が考えるように自分が責任を持って仕事をおこない、会社の売り上げを伸ばすような意識をすれば会社の売り上げが伸びる可能性は高くなります。

そこまで責任を持っておこなう人は少なく、何となくいわれたとおりにしか動かない人も多いです。そこで、各人が目標を見つけることが重要になります。目標を達成した場合には、必ずご褒美を与えておきましょう。ご褒美があれば、そのために動く人も少なくありません。

もちろん中には、ご褒美がなくても動く人はいるかもしれませんが、より多くの人を動かすためには従業員が喜ぶような内容を考えていく必要があります。目標を作るにあたり、実現可能なものにしておくことが必要になります。いくら素晴らしい目標型があったとしても、それがいくら頑張っても実現不可能な目標だとしたら達成するのは難しいです。

例えば、年収300万円しかもらっていない人が年収3000万円を目指す場合です。この場合には、現実的に考えて難しい内容になるため、目標とするべきではありません。後は、目標達成するために自分自身でどのようにしたら目標を達成できるかを具体化していく必要があります。

ただ、人によっては計画を立てることが苦手な人もいます。そうだとすれば、わざわざ計画を立てることを強要する必要はないです。それよりも、目標を達成するにあたり責任を持たせることで仕事に対して本気に取り組めるようになり、結果的につらい仕事と感じなくなるでしょう。責任を持たせるとは、ある役職に就かせたり、それぞれ役割を決めて遂行させることです。

安心できる旨をしっかりと伝えておく

M&Aは特定の会社が別の会社を吸収合併することですので、一つの会社は消滅することになります。当然吸収されるほうが消滅するといってよいでしょう。

ただ、場合によっては会社名をそのまま残しておき中身を変えていくようなところもあるのです。このときには、その変化に抵抗を持つ人がいるでしょう。ですが、M&Aをしたとしても前の会社のやり方を残すだけでなく待遇的にも今までと変わらないか今まで以上になることを伝えておく必要があります。

場合によっては、給料アップすることを約束してもよいでしょう。もちろんそれは、より良い働きをした人だけになりますので、その点は複数の従業員と競争させるのがよいかもしれません。

 

企業が赤字になり経営するのは難しければ、M&Aをする方法があります。この方法のメリットは、倒産せずに済むことですがそこで働いている従業員はモチベーションが下がってしまうこともあります。

そこで、モチベーションを高くするためには前の会社のやり方と同じやり方で仕事をして構わないと伝えることや、従業員に対してそれぞれ目標を持たせることが必要です。さらには、それぞれの役割を与えることで、モチベーションを高く維持させることは可能になります。