Skip to content
公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/12

M&Aで経営再建できる?

M&Aなどで企業間合併や買収や資本提携をすると、経営再建ができます。企業が企業を買収する目的としてシナジー効果を得ることがあります。同じ業界間でそうすることで、販路を広げられます。企業の売上高が上がると、企業の資本力も付いて、仕入れで有利になり利益率が高くなります。

資本提携をするとお互いの技術力を高めることも可能となり、企業が成長していきます。変化の早いビジネス界ではさまざまな決断をする必要があります。

 

どのような戦略を持って挑むか

M&Aにおける企業買収は、企業の存続と発展に大きな影響を与えます。譲り渡し企業は事業継承問題の解決がこれによってなされますし、経営再建も目指せます。譲り受け企業のメリットは、事業拡大に必要な経営資源を効率的かつリスクを抑えて確保できる点があります。

M&Aでは企業と企業の組み合わせを考える必要があり、特に中小企業の場合は組み合わせが非常に多い特徴があり、組み合わせについてより慎重に考える必要があったりします。良い組み合わせの例としては、シナジー効果が高いことがあります。

こうした組み合わせをいかに見つけるかが、M&Aでは大切になってきます。企業が企業買収を望む理由はさまざまで、吸収合併することで経営再建を果たしたい場合もあります。

しかしながら、企業買収するときは心理面を考える必要もあり、利益だけを考える訳にはいかないことが多いです。良い組み合わせとしては、企業文化が似ていることがあります。こうした組み合わせですと、合併した後でもスムーズにビジネスを続けていくことができます。

M&Aは組み合わせだけを考えて良いのではなく、条件交渉のあり方を考える必要もあります。売り手と買い手の思惑はさまざまで、売り手企業は不採算部門を売却して、経営再建を目指していることもあります。買い手の企業は売り手の企業の実態を把握する必要があります。

特に資産価値の把握が大切となり、簿外債務などがないかなどの確認も大切です。買収すると売り上げが増加して規模も大きくなりますが、リスクも高くなることはあります。こうしたリスクを徹底的に予測するのは大切で、そのために専門家などに仲介を依頼するのが大切です。

 

どのような思惑を持っているか

同じM&Aといっても、そのやり方はさまざまです。事業譲渡を検討している経営者にとっては、事業の継続を考える必要があります。事業継続する前には、従業員の雇用の維持と取引先との関係を気にする必要があります。

事業譲渡をするメリットは大きくて、中小企業の譲渡をするオーナーにとっては、企業体質の強化を図る良い機会です。事業譲渡することで、創業者利益の確保もできます。事業継承問題は中小企業の間で大きくなっていて、早急の解決が望まれます。

技術やノウハウを残すためには事業継承をする必要があり、事業譲渡によって雇用を守り経営再建ができます。経営再建ができる理由として、企業買収されることで、より大きな企業にグループに加わることがあります。

こうしたことによって、販売経路のより確実な確保が可能となり、円滑な資金調達などが可能となります。M&Aは買い手と売り手の双方にメリットがあり、企業を買う側は、新しいビジネスに低コストで参戦できることがあります。

異業種のビジネスを開始するにはコストがかかります。顧客を確保する必要もありますし、販売拠点や人材の確保も必要になります。ゼロから新しい分野の事業を立ち上げるには時間とコストが、かなりかかります。事業譲渡は解決してくれて、買い手と売り手の双方に利益が発生します。

同じ業種間の企業買収によって、業界内でのシェアを拡大して仕入れが有利になったりもします。商品の販売地域を広げるために、企業買収をおこなうこともあります。企業買収することで、その企業の独自のノウハウを吸収できます。

 

さまざまな方法でビジネスを成長させていく

M&Aでは経営再建が可能で、事業の一部門を売却することもあります。多角的なビジネスをおこなっている企業は、採算が良い部門と採算があまり良くない部門があります。採算があまり良くない部門を売却して、採算が良い分門に集中することで、経営再建を目指すこともできます。

買い手にとっては採算が良くない部門も魅力的に見えることは多いです。その部門を買収することで販路を広げて、スケールメリットを活かせます。販路を広げて売り上げを確保して、スケールメリットを活かして仕入れにかかるコストを抑えることも可能です。

グローバル時代はビジネスの展開が早くて、企業間のM&Aは盛んになる傾向があります。グローバル時代は国内のシェアだけを考えるべきではなく、海外の販路を考える必要もあります。海外の売り上げに強い企業を買収すると、海外での売り上げ増につながり経営の安定度が増すこともあります。

 

M&Aは買い手の企業と売り手の企業の双方にメリットがあり、お互いが経営再建を目指すことも可能です。企業買収によって販路を拡大したり、資本を強化して経営体質の強化を図ることもできます。

グローバル時代は海外の売り上げが企業の売り上げに占める割合が高まりますので、海外での売り上げを上げる目的で企業買収がなされることも多いです。経営再建をする方法はさまざまで、どのような方法がベストであるかを考えるのはとても大切です。