Skip to content

M&A仲介会社で比較すべき費用相場はどのくらいか

M&A仲介会社にかかる手数料はいくつかの種類に分けられており、仲介会社によって支払う額や料金体系など違っています。

種類や相場を事前に把握して比較する事で、検討の材料になりますので確認しておくことが大事です。

ここではM&A仲介会社を選ぶ際に役立つ費用面の相場などを紹介しますので、事前に知っておいてベストな会社を選ぶために参考にしてみてください。

 

着手金や中間金の料金相場を知りましょう

 

M&A仲介会社に支払う手数料は色々な種類がありますが、その項目別に費用の相場や内容を確認してみましょう。

まずは「相談料」がありますが、これは依頼を行なう前にM&Aの事などを事前に相談する際にかかる費用です。この相談料は一般的に無料のケースがほとんどと言ってよいでしょう。

最初の相談料を無料で受け付ける事で、利用者が相談しやすい事がメリットです。一部の会社では有料としている場合もありますが、おおむね5,000円〜10,000円程の料金です。

そして「着手金」という項目があり、業務を正式に依頼する際にかかる手数料となります。仲介会社はこの着手金を利用して、相手の企業の選定や事前の企業調査などを行ないます。料金の相場は約50万円〜300万円程が多くなっています。

中には無料としている仲介会社もありますので比較して確認しましょう。契約が基本合意に至った場合に支払う費用が「中間金」となります。仲介での成功報酬の一部分とされており、一定の額を設定している会社や、全体の成功報酬額に対して1割〜2割程としている仲介会社が多く見られます。その金額の相場は50万円〜300万円となっていて、中間金の利用内容は基本的なスケジュールの調整や、企業調査における期間の設定などがあります。

多くの場合で着手金や中間金は、M&Aが合意に至らずに買収が成立しなかったケースでも、料金の返還はありませんので把握しておきましょう。

 

契約成立後に支払う成功報酬の料金相場を確認しましょう

 

M&Aが成立に至り、最終契約を行なうと「成功報酬」が発生します。この段階でM&Aを成功させた事が成り立ちますので、最終的な仲介手数料の支払いになります。

この成功報酬は仲介業者によって違いがありますが、多くの場合「リーマン基準」という計算方法で算出しています。企業の売却金額に応じて費用の割合が変化する物で、一定の水準が費用相場になります。

例を挙げると譲渡金額が1,000万円以下のケースでは150万円、1億円以下の場合は500万円、1億円を超えて5億円以下の場合は5%というような計算方法です。これらはいわゆる「取り引き額ベース」での計算方法ですが、譲渡金額に売り手企業側の負債なども計算に含めた「移動資産ベース」という計算方法もあります。

仲介手数料の割合は会社によって異なりますので、確認して事前に計算などしておく事が大事です。

この成功報酬額は着手金などとは違い、M&Aが成功しない場合は支払いの必要はありません。おおむねかかる費用の種類や相場はこのような物が挙げられますが、仲介会社によってはその他の手数料が発生するケースもあります。

例として毎月発生する月額報酬などはM&A成立まで支払いが必要となり、相場は30万円〜100万円程です。そして財務調査の費用も別料金となるケースが見られます。一般的に着手金の段階で含まれているケースが多いですが、見積りや事前相談などの段階で確認しておくと良いでしょう。

 

仲介会社を利用することのメリットをおさらいしましょう

 

M&A仲介会社の料金体系は、完全報酬制にする事でユーザーのリスクを減らしている事が特徴で、利用しやすくなっています。

M&Aとは専門の会社が仲介しても成功しないというケースも考えられますので、最低手数料などの基本料が別に設定されている場合は注意が必要です。

その他書類の発行にかかる手数料なども別料金となる仲介会社もありますので、費用の見積りの確認や他社との比較検討も大事です。仲介会社を利用するメリットは多くあり、まずは売り手側と買い手側両方に利益を与えてくれるという点です。

専門家が適切なM&Aを実施する事で相乗効果が生まれ、信頼関係も高まる事が特徴です。そして多くの実績と経験が豊富な会社では、様々なノウハウが構築されており、トラブルなどにも適切に対応する事が可能です。

専門的な分野だからこそプロの仲介会社に依頼する事で、安心してM&Aを実施する事ができるのがメリットの1つです。実積やノウハウが豊富である事でサポート体制も整っており、弁護士との顧問契約も結べるシステムなども存在します。

複雑な事案やM&A後のトラブルなどにも迅速に対応できる事ができますので、より安心して利用したい場合は顧問契約も視野に入れても良いでしょう。

M&A仲介会社は色々な料金体系があり、手数料の相場はそれぞれ違っています。自分の利用目的などに適した会社を比較して、契約内容などを充分確認した上で仲介会社を決定しましょう。