Skip to content

中小企業がM&A仲介業者を活用すべき理由は?依頼前に比較検討するポイント

中小企業が事業を拡大するための一つの方法としてM&Aがあります。

同種の事業をする他の会社と合併することで、競争力を強化できるなど中小企業にとってさまざまなメリットがあります。

そうした企業の合併のサポートをしているのがM&Aの仲介業者です。ここでは仲介業者の活用の目的や依頼する前に確認したほうがよい比較方法について紹介します。

 

業者を活用すべき大きな理由について

 

中小企業が他社と合併をする場合に、M&Aの仲介業者に仲介を依頼する場合には幅広いメリットがあります。

特にその企業がこれまでに他社を合併した経験がない場合には、仲介業者の活用はさまざまな点で合併に有利です。中小企業がM&Aを行う場合に特に重要になるのが、合併をしようとする相手との交渉です。

合併や吸収は相手にとっても大きな問題であることから、スムーズに話を進めるためには交渉力が必要になります。経験のない企業の場合には、こうした交渉にも手間がかかる場合が多いですが、専門の仲介業者を利用することで、よりM&Aをスムーズに進めることができます。

交渉を進めるにあたって重要になるのがM&Aを行うことで実現できる両方の企業のメリットです。

一方の会社にだけ有利な合併では、もう一方の会社がそれをする理由もなく、交渉も滞るようなケースも多くあります。

そのような場合でも仲介業者を活用することで、交渉をする相手に合併をすることのメリットをより相手にわかりやすく伝えることができます。

また、M&Aをする場合には自社にとってできるだけ有利な条件で契約をすることが、企業の成長にとっては大きな意味があります。

企業が単独で他社と交渉する場合には、なかなか相手に有利な条件を認めさせることも容易ではありませんが、仲介の専門企業に依頼することによって、相手に対してより優位な条件で合併をするための交渉力を得ることができます。

 

仕事を依頼する前に比較すべきポイント

 

業者に仲介を依頼する際には、どのような業者に仕事を依頼するかによっても、M&Aの結果に大きく左右する場合があります。

できるだけ確実に合併・吸収を行いたい場合には、サポート能力の優れた業者を選ぶ必要があります。企業同士の合併を仲介専門にする業者は複数存在しますが、その中から自分の企業に合ったパートナーを見つけるためには、それぞれの業者の個性を知っておくことが重要です。

業者によって仲介をサポートする方法も異なっているために、自分の会社が進めようとしているM&Aに、最適な業者を選ぶことが合併を成功させるための秘訣です。

業者を比較検討する際に一つの大きな目安となるのが、相手の企業との交渉力です。

合併をする際には会社にとって有利な条件を相手に承諾させることが、企業の成長にとって大きな意味を持っていますが、そうした交渉を行うための能力も業者によって大きく異なっています。

業者によっては特定分野の企業合併に大きな強みを持っている場合もあるので、より専門的な知識を持っている業者に依頼することが、合併をすすめるための大きな鍵になります。

業者の交渉能力を比較するうえで参考になるのが、これまでにその業者が行ってきた仲介の実績です。多くの企業合併をサポートしてきた経験豊富な業者ならば、より安心して仕事の依頼をすることができます。また自社と同種の企業の合併について経験が豊富な企業ならば、より質の高いサポートを受けることができます。

 

事業者選びの決め手となるトラブルを回避できる能力

 

M&Aの仲介業者を比較検討する場合には、トラブルを回避できる能力も大きな意味を持っています。

企業合併を行う場合には、時として双方の合併に対する考え方の違いから、思わぬトラブルが発生する可能性もあります。こうしたトラブルを回避するためには、仲介業者のサポートが大きな意味を持ちますが、その際に重要になるのが業者のトラブル回避能力です。

経験の豊富な優れた業者ならば、企業同士の合併交渉で起こりやすいトラブルを事前に予防して、両者にとって納得が行く形で合併ができるように話を進めることができます。

合併に際して発生しやすいトラブルを避けるために重要になるのは、相手とのしっかりとしたコミュニケーション能力です。相手企業との緊密な連絡を取ることができる業者のサポートを得ることで、より安全な形でM&Aを進めることができます。

その一方でトラブルを避けるためには、M&Aの交渉をする企業を選ぶことも非常に重要です。

企業を成長させることを目的とするM&Aで、特定の企業を吸収合併することを目的としない場合には、M&Aを行う企業を仲介業者と一緒に探すこともできます。

豊富な知識や経験を持つ業者ならば、企業にとって有利な合併をすることができる他企業を見つける能力があります。企業ができるだけ有利な条件でM&Aを行いたい場合にも、相手探しは非常に重要です。

相手企業の規模や業務内容なども判断して、より適格な相手を見つけるためのサポートをしてくれる仲介業者が、合併の成功には不可欠です。