Skip to content

仲介業者の比較前に知りたいM&Aの「業務提携」とは?

近年、企業が協力やサポートをしあい、互いの利益の追及を目指して経営統合することが多いです。

その一つに業務提携があり、他の企業の長所を取り込みながら経営をします。

その時には自社の長所が相手の企業にとってもメリットになり、互いが利益を生み出せるので良い関係を築きながら経営が出来ます。

ここでは仲介業者の比較前に知っておきたい業務提携の特徴やメリットを紹介します。

 

業務提携の特徴や主な手順について

M&Aの仲介業者を比較するときには業務提携に関しても、その特徴や手順について知っておいた方が良いです。

これはM&Aの1つとされていますが、法的な定義はなくて事業立て直しの方法として見直されています。

買収や合併のように時間やコストがかかる手続がなく、M&Aの企業間の上下関係もないです。

企業同士が協力しあい利益を生み出すため広義のM&Aとされていて、複数の企業が特定の事業分野で協力関係を終結します。

日本では他にコラボレーションとも呼ばれていて、本格的な契約だとアライアンスと言います。

顧客データの共有や商品開発、生産や研究、技術に販促網など良い物を生み出すために互いに協力をします。

活用することで少ない時間やコストで良い関係や、利益を生み出せる特徴がありたくさんの企業でも利用されています。

主な手順は、最初に目的確認と自分の会社が提供出来る強みの確認、相手の選定をしてから基本合意し、提携準備を行って業務提携契約します。

重要なのは自分の会社が提携出来る強みの把握です。

コラボレーションなので、互いが持っている強みをどうやって共同で行うかが重要で、それぞれの会社が提供出来る強みには商品やサービス以外にも、販売路やノウハウ、生産管理など様々です。

実現するには自分の会社の強みや、相手の企業へ利益をもたらすかをきちんとアピール出来るように準備が必要です。

提携先の企業選定は仲介業者の力を借りた方が良いので、ここでも比較することが重要になります。

特にたくさんのマッチ先を探すときには仲介業者のサポートは大変効果的です。

 

業務提携契約書の注意点や資本業務提携との違い

M&Aの一つとも言われる業務提携は、契約書を作成します。

実は提携をするときに契約を終結すると言う決まりはなく、契約自体は法律上はありません。

あくまで提携を行う互いの会社が協力関係を約束するもので、売買契約や委任契約、請負契約と似ています。

契約が法律上にないので同時に契約書に関した決まりもありませんが、作成では提携を行う目的と内容、実践する具体的な方法に獲得した成果の分配だけは記載した方が良いです。

作成した契約書は弁護士のような専門家に確認してもらい、最近はネットでも契約書のひな形を無料で利用出来ますが、ひな形の内容が自分たちの行う提携の内容にあってないこともあります。

きちんと提携内容にあっているか確認するためにも、専門家に依頼して確認して貰った方がトラブルも防げます。

資本業務提携というのもありますが、これは資本提携が発生している場合です。

資本提携は、提携する相手の会社の株式を取得して資金を提供します。

提携する会社同士が互いの株式を取得し合う場合と、いずれかの会社の株式だけを取得する方法があります。

両方行っていることでM&Aに近い行為ですが、相手の会社の経営権を取得したり、影響を与えるほどの割合の株式は取得しないです。

上場会社と非上場会社で資本提携をするときは、非上場会社が経営権を獲得するほどの株式を取得すると、上場会社が上場廃止になってしまうため余計な影響を与えてしまう恐れがあります。

そこで、この方法では低い出資率で行います。

 

必要最低限の規約で関係が築けるメリット

メリットは色々あり、その一つが比較的緩やかな協力関係が築けることです。

買収や合併と違って会社が消滅することがなく、特定の事業分野に特化して協力し合うので必要最低限の規約で関係を築けます。

法的拘束力もなく、契約内容も当事者同士で決められるメリットがあります。

協力関係を終わらせる場合も、法的なことはないので容易く出来て、対等な関係を保ったままメリットが生み出せるのが特徴です。

企業全体の統合ではなく、あくまで会社の利益アップのために協力をしあいます。

事業の一部のシェアとも言えて、会社内の特定の事業だけ関わりを持ちます。

特定の事業分野以外は自社の独自性が保てるため、買収や合併のように他の会社と協力することは同じでも一部だけです。

自社のアイデンティティを残せることが魅力です。

更に、通常の他のM&Aの方法と比べて短時間で低コストで実施出来ます。

一般的に買収や合併だと相手企業の価値やリスクなどを徹底的に調査をしてから、何回も話し合いをしてから幾つもの契約を終結してから統合をします。

その時には高額な資金や諸経費もかかります。

業務提携は企業単位での動きはあまりなくて、特定の事業分野だけで、他のM&Aと比べても大幅に手続も短縮可能で、その結果時間やコストをかけずに素早く大きな利益が期待出来ます。

最大のメリットはリスクの低さで、M&Aの実施では大きなリスクもあります。

組織再生や経営力アップのために多額な資金や長い時間をかけて、好転すると大きな利益も期待出来ます。

ただ、予想よりも利益が出ないとその分の失った資金や時間がリスクになります。