Skip to content

M&A手法で比較される「株式取得での買収」とは?メリットは?

M&Aといっても買収や合併、会社分割に資本提携と色々あります。

その中でも、株式取得は買収に分類されます。株式取得とは、売り手企業の株式を取得して買収を進めていくという手法です。

会社名だけでなく資産や債務権利、契約関係等、基本的に全てを引き継ぐのが特徴です。

その為、外から見ると株主が変わる以外に変化が見えません。では具体的に株式取得での買収にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

手続きが簡単で迅速なので、譲渡された側の社員も安心

 

M&Aにおける株式取得での買収のメリットは手続きが比較的シンプルであるという点です。基本的には株式を保有する株主との間で契約書の作成手続きが行われるだけで完了してしまうので、譲渡された後も会社名が変わる事はなくそのまま残ります。

ただ経営権だけが移るだけなので、対外的には変化はほとんど分からず、経営活動もこれまでと同じようにそのまま行う事が出来るというのは大きなメリットです。

また、基本的に株主総会での承認も不要なので、それらにかかる手間や時間も省く事が出来ます。

しかし譲渡制限がある非上場株式を譲渡する場合は、多少手続きが面倒なので注意が必要です。それでも他の手法と比較すると手続きはかなり簡単なので、利用する会社は少なくありません。

特に後継者不足に悩む中小企業にとっては迅速に手続きが済み、資金も手に入るというのは大きなメリットです。さらに社員を解雇する必要もなく、身分もそのままで雇用契約の変更もないので譲渡された側の社員も安心して働く事が出来ます。

その為、優秀な人材もそのままで、事業の安定や継続、発展にもつながります。株式を譲り受けた企業は、全ての事業や資産、負債も含めて全て承継するので、新たに個別の契約を結びなおす必要もなく、経営権を得る事が可能です。その為、契約にかかる時間も比較的短く、迅速に手続きを終える事が出来るというのは大きな魅力です。そして手続きが完了すれば、すぐに自社の一部として活用する事が出来ます。

 

買い手側は法律上の制約が少なく、売り手側は売却利益が大きい

 

法律上の許認可や届出面などの制約が少ないというのもメリットの1つです。M&Aによる株式取得で起こる会社への変化は株主が変わるという点だけで、基本的に法律上の許認可についてもそのまま継承されます。

その為、売り手側は資産や負債が増減する事もありませんし、買収した側も許認可を再取得したり法的な制約や届出といった手間がかかる事をしなくてよいというのは非常に大きなメリットです。

売り手側の経営者にとっても課税上で得られる利益は大きく、株式を譲渡した経営者の課税は、基本的に譲渡して得た所得の約20パーセントにとどまります。内訳としては所得税が約15パーセント、住民税が約5パーセントほどです。

通常事業譲渡による買収だと、会社に対して約30パーセントの法人税が課税され、さらにその課税資産に対しても消費税が課税されるので、売り手側の経営者にとって税制上で得られる売却利益はかなり多いです。

また、株式譲渡を利用して会社を売却した場合、その売却代金にはのれんが含まれる事になります。のれんとは、今まで培ってきた独自のノウハウやブランド、そして顧客との取引関係といった目に見えない資産の価値の事です。手続きの段階で買い手側がこうしたのれんの価値を評価する場合、その価値分が売却価格に上乗せされる事になります。

その為、こののれん代が多ければ多いほど、売却した時に受け取れる金額も上がるという事です。特に特許や独自のノウハウ等の資産があればあるほどより評価されやすいですし、不要な在庫処分も事前にしておくと売却時に企業価値を高める事が出来ます。

 

事業規模の拡大等、多様な計画に活用出来、シェアの拡大も出来る

 

M&Aでも他の手法と比較すると、どうしても株式取得での買収はあまりイメージが良くないです。しかし実際はそんな事はなくM&Aで株式取得する事で、多様な計画や目的に応じ活用する事が出来るという点は大きなメリットです。

買収での株式で多数の議決権を持つ事が出来れば、当然株主総会での発言力がかなり強くなります。その結果、会社経営に重要な意思決定を自由に出来るようになるというのは非常に大きなメリットです。また、株主の数が少ない場合は、買取手続きも簡単かつ迅速にする事も出来るというのも魅力の1つです。

もちろん株式を譲渡した側も損はありません。譲渡により特に中小企業は後継者問題を解決出来ますし、自分達が今まで培ってきた技術やノウハウを消さずに済む事が出来ます。さらに現金対価を得る事も当然出来るので、新たな事業へ参入したり、規模の拡大を考えて第三者割り当て増資等も検討する事が可能です。

M&Aによって株式取得での買収が成功した企業は、新しい求人を出す事無く優秀な人材を確保する事が出来るので、慢性的な人出不足を解消出来、売り上げだけでなく取引先や経営資源も一気に取り込む事が出来るので、事業規模をより一層拡大する事が出来ます。事業規模が大きくなる事で、海外進出等多様な計画も次々と前に進める事が出来るようになりますし、業界内でのシェアをより大きくのばす事が出来れば、場合によって一気にトップに躍り出る事も十分可能です。