Skip to content

M&Aで仲介業者を依頼するなら比較して実績が豊富なところが良い理由

M&Aは合併と買収を表している用語です。つまり、他の会社と合併したり企業買収をしたりすることを一言でまとめているワードということになります。

このM&Aは経営者が判断をして行いますが、仲介業者も存在していて多くの案件を扱っています。M&Aには企業会計や税金、会社法などの幅広い専門知識が必要ですが、仲介業者は専門知識でしっかりサポートしてくれる存在です。

 

M&A仲介業者選びは比較をするべき

 

M&A仲介業者選びでは、必ず比較をするべきです。その理由は、たくさんの業者が存在していて、その中には良いところもあれば悪いところもあるからです。比較をすれば、それぞれの良いところが明らかとなり、任せるべき業者を見つけることができます。

特に比較をする上で重視したいところが実績です。M&Aは専門的な知識が必要となるだけではなく、実務を理解していないとうまく手続きをすることができません。また、必要に応じて交渉をする必要もありますが、それらは実績が豊富な業者の方がノウハウがあるのでスムーズにこなすことができます。したがって、実績があるところとない所を比べると、ある方を選ぶべきということになります。

買い手や売り手を見つけたり、合併先を見つけたりしなければなりませんが、その候補を見つけやすいのも仲介業者の強みです。すでに自分たちの中で候補が決まっているのならその点は問題になりませんが、決まっていないのならパイプを多く持っている業者に頼るのが吉です。

要望に応じてマッチングしている会社を探してくれるので、中小企業のように書いてや売り手を見つけるパイプがなかなかない場合には特に頼りになります。これらの要素についても、実績が豊富な業者の方がより強いものを持っていることになります。どの業者も宣伝には力を入れていますが、これまで扱ってきた案件数は誤魔化すことができない数値です。したがって、参考にして選ぶべきでしょう。

 

比べると悪質な業者を排除することができる

 

比べることで得られるメリットには、悪質な業者を排除することができることが挙げられます。どの分野にも悪質業者がいますが、この分野にも存在しています。例えば、売り手や買い手のいずれかの側について、価格を吊り上げようとすることなどがあります。仲介なのであくまで双方の間に入って公平な立場で行動すべきなのが仲介業者ですが、悪質な業者はどちらか側に有利に働きかけるなど、利益相反にあたる行為を行うことがあります。

実績がある所であれば、こうしたトラブルに遭うことはないでしょう。なぜなら、問題がある業者であればすぐにそれが明らかとなり、利用しようと思う人はいなくなるからです。実績があるということは、業務を問題なくこなしていることの表れであるため、この点からも実績は重視すべきポイントとなります。

比べるにあたっては、まとめているサイトの順位だけを参考にするというのではなく、これまでの経験が豊富であるかどうかを見ることも忘れないようにしましょう。もちろん、業者ごとに強みが異なりますので、そういった点についても調べておく必要があります。これは、比較サイトやランキングサイトの表示を見ると見やすくまとめてくれていますのでチェックしましょう。

理由なくランキングを付けているサイトもありますが、参考にすべきなのはしっかり理由を付けておすすめの理由を示しているところです。理由があれば素人ながらも良し悪しを判断しやすいからです。

 

相談にきちんと乗ってもらえるかどうかも重要

 

相談にきちんと乗ってもらえることも重要ですが、基本的に実績のある所であればこの点もしっかりとしています。企業の相性を判断するにあたっては、理解してもらう必要がありますが、これは外部からわかることではありませんので、相談で把握してもらわなければなりません。相談をきっちりしてくれる業者であれば、ミスマッチな企業を仲介するといったことがなくなります。

最初の相談は無料でしてくれる業者も少なくはありませんから、業者の良し悪しを判断することもかねて候補から選んで相談してみましょう。そこで任せられると判断できれば依頼するようにすると、失敗を避けることができます。

仲介手数料や成功報酬はそれなりに高額となりますので、失敗をしてしまった場合の損も大きくなりますが、任せられると判断できた業者に依頼することでそれを避けることが可能です。

信頼できる業者は、実績面で裏付けられた親身な対応の他にも、ネットワークの豊富さも魅力的です。前述のように、買い手と売り手を結びつける役割を果たしますが、ネットワークが充実していれば多くの企業の中から最適な会社をマッチングして見つけてもらうことができます。

この辺は実績が豊富であるところならば大体はネットワークが充実していますが、口コミなどからも判断して行きたいところです。一番良くないのが、手数料が安いという理由だけで選ぶことです。確かにコストが低いのは魅力ですが、M&Aという重要な案件で金銭面だけを見ていると失敗しますので、上記の点も踏まえて選びましょう。