Skip to content

合弁会社設立のメリットは?M&Aのほかの形態と比較する

M&Aは「MergersandAcquisitions」の略で、企業間における合併や買収を意味します。

通常M&Aという企業の場合、合併や買収はもちろん、広く提携までを含めてその手法として、株式譲渡や新株引受、合弁会社設立や新設分割・吸収分割などさまざまです。

店舗や一つ事業部門、営業権や知的所有権なども対象になることがあり、近年後継者不在などに伴って事業継承の手段として年々増加傾向にあります。

 

スムーズに営業活動などをスタートできる

 

M&Aと言ってもその形態は様々で、形態を比較すると資本移動を伴うケースや資本移動を伴わないケースに分けることができます。

資本移動を伴う広義でのM&Aの場合、企業買収や株式の持合い・合弁会社設立などをあげることが可能です。狭義のM&Aの場合は企業買収において買収や合併、新設分割や吸収分割などをあげることができるでしょう。

M&Aの広義の意味として、企業の合併・買収だけでなく、提携までを含める場合もあります。資本移動を伴わない場合、共同開発やOEM提携・販売提携などがあります。例えば新規事業を立ち上げる際、コンセプトを決定したり会社を設置するための場所を探すことになり、社員研修なども行う必要があるでしょう。

会社をデザインしたり工事などを行うと、ようやく営業などのいろいろな活動をスタートできるようになります。M&Aを利用すると契約するための相手を探したり買収契約といった細かな手順が必要ですが、良いパートナーが見つかれば比較的スムーズに営業活動などのさまざまな業務をすぐにスタートすることが可能です。

売り手企業のブランドなどを引き継ぐ形になったり、新規事業の展開などをコストをあまりかけずに短時間で実現しやすくなります。基礎的な売上を確保することができる会社を買収することが多いので、売上予測などが立てやすく収益増加の速攻性を期待することができるでしょう。M&Aを成功されるキーポイントとして、組合せや条件交渉などのあり方、アフターマネジメントなどが重要になります。

 

技術やノウハウを引き継ぐことができる

 

資本移動を伴わないケースと比較するとM&Aの場合人材に関して経験や実績のある優秀なスタッフをそのまま確保することができ、事業の多角化や弱点部門の強化などを行うことが可能です。売り手側に関して会社を売ろうと検討している理由として多いのが後継者がいなかったり、業績の悪化などさまざまな理由が存在します。

中小企業の場合は特に後継者不在の問題は深刻なものになっていて、廃業してしまうと長年にわたり蓄積してきた技術やノウハウなどがすべて無になり、スタッフの雇用問題なども深刻です。M&Aの手法を利用すると、このような問題を解決することができるので得策です。

経営資源不足などの問題を解決する際も有効な手段になり、大手企業の傘下に入ることによって資金調達をスムーズに行うことができ、企業体質を強化することができるでしょう。業績を改善するため株式公開や会社の売却、廃業や清算などのを行うことになりますが、これらはハードルが高いこともあり廃業や清算する場合、資産処分価格は低くなるので会社の資産処分や株主への配当などに対し二重の税負担を負うようになります。

売却することによって今まで築き上げてきた企業を存続することができ、安定した雇用を維持することが可能です。資本移動を伴わない場合共同開発やOEM提携・販売提携などがありますが、資本を受け入れる企業側として製品・商品などの共同開発といった経営資源を拡大するメリットがあり、資本を提供する企業側にとって対象会社の業績が改善されると取得している株式の価値が上昇するので利益に繋がる仕組みです。

 

契約内容をきちんと確認しよう

 

M&Aを円滑に行うのにいくつかポイントがあります。

例えばアドバイザリー契約の内容を確認することが大切で、業務範囲や秘密保持、着手金や成功報酬などに関して取り決めたり、専任仲介契約や直接交渉の禁止などに関して確認しなければいけません。

企業情報資料を作成し、収集された資料やインタビューしたものを整理したりファイルし、詳細な資料を保存します。売り手企業の会社内容を網羅することができ、買い手企業との細かな検討に入った際、情報としてまとめて提出するのに便利です。

買い手企業に対し売り手企業に興味があるか打診する場合、秘密保持などの必要から売り手企業に関するすべてのことを話すことはできないでしょう。そのため企業概要書と呼ばれているもので打診することができ、最初買い手側に提示する資料になるので一次資料とも呼ばれています。

企業概要書で検討を進めていくと詳細な資料が必要になってきます。秘密保持契約をきちんと締結し詳しい資料などを提供してもらいます。一般的に基本合意契約まで売り手企業はいくつかの会社を比較しながら交渉を続けていくことが多く、基本合意契約を締結したタイミングにおいて1社だけで交渉することになるでしょう。

基本合意契約はこれまで交渉してきた条件などの確認や総まとめになります。最終契約のたたき台になるので、買い手側と売り手側共に具体的な内容で決めていかなければいけません。次に公認会計士といった専門家を利用して実地調査を行ったり、企業実態を正確に把握するようになります。