Skip to content
公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/03/15

M&A会社を比較するなら着手金などの料金にも注目しよう

皆さんの中には将来的に自分の所有している会社を売却したいと考えている方も中にはいらっしゃるでしょう。

その場合にはM&A行うことになり、買い手候補に対する打診を行っていく必要があります。

その際には仲介業者に着手金と呼ばれる手数料を取られることになります。

着手金は帰ってこないお金ですので、その仲介会社の見極め方について説明します。

 

M&Aの仲介会社比較は最初、手数料が無料のものを選ぶ

着手金は、戻ってくるお金ではないので仲介会社がどのような条件で会社の買取を行ってくれるのかということを、依頼側は把握しておく必要があります。

まずは、その機能性について説明すると、着手金は仲介会社と契約を結んで発生するお金になります。

なぜ手数料が発生するかというと、売却先の企業がどのような企業であるかということを依頼するこちら側が把握しておく必要があるからです。

つまり、仲介会社は該当する企業の概要をまとめた企画書を作成し、そこに人件費が発生するのです。

しかし、その際には、着手金が無料になっている会社も存在しています。

着手金が有料の場合にはそれぞれいい条件を提示してくれる会社は多く存在するので、それはそれでいいのですが先に利用をしてしまうと、やっぱりやめておきたいという場合には既に手数料を支払い済みなので後悔することになるでしょう。

そのようなリスクを避けるためにも、できるだけ着手金が無料で相談できる会社を選択することがお勧めです。

それで、無料になっている場合にでは条件があまりよくないと考えるのならばその時点で変更ができます。

着手金は0円~300万円と幅広い範囲になっているからこそ、相談をたくさんしてどのようなことを行うことができるかということを検討していくべきです。

気になる仲介会社がある場合には、以上の事を踏まえて相談の時点では料金がかかるかかからないかということを事前に確認しておくようにしましょう。

 

着手金の重要な点はどのようなことか

着手金の特に、かかる場合の相場は50万~300万円程になっています。

そこで抑えておきたいことは、依頼する側に金銭的な負担が生じやすいということです。

特に買い取り先の企業でいい企業を紹介してくれるはずが、良い企業を紹介してくれなかったという場合が考えられます。

また、企業を比較する場合にも、どこが違っているかわからないような資料を作る仲介会社とはできるだけ関わりたくないものです。

顧客側にもそれなりのリスクが生じやすいということになります。

できるだけ安心して契約を仲介側と結ぶには、事前にその点のリスクに関して契約前に説明がされるようになっています。

その時点で依頼側が納得することができる内容なのであれば、それ以降の結果が満足いかなくとも、顧客側の踏んだリスクということになります。

最も、どうしても料金がかかってしまうのは比較検討をしっかりとしておく必要があるからです。

また、以上のような前払い型のM&Aにはあまり安心ができないというような方も中にはいらっしゃるでしょう。

そのような場合には、M&A成約率に応じて最後に料金を支払うタイプの仲介会社を活用することがお勧めになります。

契約時に料金を徴収するタイプの場合でも、契約して成功率に応じて支払うシステムの場合でも最終的に料金を払うという事実に変わりはありません。

しかし、より安全な場合を好む場合は完全成功報酬型が最適な選択になるでしょう。

 

M&Aの仲介会社自体を見極める

買取先の企業を比較する際には、その比較作業を担ってくれる仲介会社がきちんと比較してくれるかということやこの企業を選択したら何が良いかということなどの情報を依頼側は望んでいるはずです。

そのため、仲介会社の自体の比較をしておく必要があります。

インターネット上には、M&Aの仲介をまとめて見積もってくれるようなサービスが存在しています。

このサービスを使用する場合の利点としては、それぞれの会社をを選択した際の料金やその質について比較をしてくれるということです。

中には、顧客満足度が98%というようなものもあり、9万社がそのサービスを利用しているなどの確実性があるので、安心して検討をすることができるでしょう。

相談に関しては、電話で受け付けているので営業時間内であればいつでも相談をすることができます。

特に、どのような企業が優れているのかわからないというような場合には、インターネット上に載せてあるその企業のホームページ上では知ることができない実際の評判などを知ることができます。

さらに、できるだけ安心して依頼することができる仲介会社を選択したいと考える方のために、実績が豊富な業者がどこなのかということを説明することも可能になっています。

以上のように、M&Aを検討している際にはその買取先の企業を見極めることの前提として、特に予備知識がない場合はその見極め自体を行う仲介会社の検討を行うことが大切になります。