Skip to content
公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/07/12

M&Aの相談料はどれくらい?無料でできる?

M&Aの可能性についてプロに相談して考えてみたいというケースもあるでしょう。

しかし、相談するだけでどれだけ費用がかかってしまうのかがわからず、大金を失ってしまうような状況には陥りたくないとためらってしまうケースもあります。専門業者に相談すると一体どのくらいの相談料を取られることになるのでしょうか。

 

初回の相談は無料というのが一般的

M&Aの仲介をおこなっている専門業者に相談したいと思ったら実は躊躇する必要がありません。一般的には初回の相談は無料で対応してくれる仕組みになっているからです。大半の業者では2回目以降も無料で相談に応じてもらうことが可能で、費用が発生するのは契約を締結してからという形になっています。

完全に無料ではない業者もありますが、せいぜい一回あたりにかかる費用は5000円程度になっているので大きな心配をする必要はありません。アドバイザー契約などをしてプロに相談すると数百万円も要求されることもある点を考慮すると、とてもリーズナブルな相談料だと言うことができるでしょう。

このように無料で対応してくれるのは業者としてはいかにして多くの企業に相談してもらえるかが重要になっているからです。仲介業者の間での競争が繰り広げられるようになっているため、できる限り入り口のハードルを低くして合併や買収などを検討している企業に相談に来て欲しいと願っています。

基本的にはこの無料相談の期間中にM&Aをする魅力を認識してもらい、契約をしてもらおうと考えていると思っても良いでしょう。ただ、契約を強要することはできないので、相談したら無理にでもM&Aをさせようとしてくるのではないかという心配をする必要もありません。安心して利用できるサービスだと考えて積極的に活用するのが賢明と言えます。

 

契約するまでに相談できる内容とは

無料相談となるとあまり大した話はできないのではないかと懸念する場合もあるでしょう。確かに具体的にどの企業が提携先として候補になるか、どの企業が買収してくれる可能性があるかといった具体的な説明を受けることはできません。

どちらかというとM&Aについてあまり詳しくない人にもっと知識をつけてもらい、やるべきかどうかの判断をしてもらうのが業者側の目的となっています。具体的には会社の事業内容や経営状況などのヒアリングを受けて、買収や合併などによって問題を解決できる可能性があるかどうかをプロの視点からアドバイスしてもらうことが可能です。

過去の事例の紹介を受けて、納得できるようにしてくれることもあるでしょう。実際にどんな手続きをすることになり、どのくらいの期間がかかるのかも説明してもらえます。提携先の企業が見つかるかどうかが大きな課題になりますが、どのくらいの期間で見つけられる可能性が高いかもプロとしての経験から見積もってもらえるでしょう。

この他にもそもそもどんな選択肢があるのかといった基本的なことから、M&Aに伴う株価の変動の可能性のような詳しい話まで幅広く相談にのってもらえます。丁寧な業者を見つけられると現在直面している問題を他の方法で解決できる可能性があるのかについても考えてもらうことができるでしょう。

その可能性と比較して例えば買収してもらったほうが良いという結論に至ったら、納得して契約をしてくれるだろうと業者は考えているのです。

 

他の相談先を選ぶとどのくらいの費用がかかるのか

実は仲介業者以外にもM&Aについて相談できる場所はあります。法律に関わるものなので弁護士に依頼することもできれば、税務に関する問題もあるので税理士に相談することも可能です。

また、資金調達に関連する内容でもあるため、金融機関で相談することもできます。あるいは企業のファイナンスを扱っているファイナンシャルプランナーに相談してどんな方策があるかを聞いてみることもできるでしょう。

どの場合でも大抵は初回の相談までは無料で対応してくれますが、本格的に仕事をしてもらうために契約する段階になると費用が発生します。その点では専門の仲介業者と相談するのと同じなので、立場が違うとどんな意見になるのかを聞いてみるのも良いでしょう。

ただし、M&Aについての経験が十分にあるところを探し出さなければなかなか詳しい話をしてもらえないという点には注意しなければなりません。

 

M&Aの仲介をしている専門業者に相談するときにかかる費用は無料というのが一般的になっています。かかる場合でも数千円程度なので、プロとアドバイザー契約をするのに比べるとリーズナブルでしょう。

相談料はかからなくて会社の状況に関するヒアリングを受けたうえでどんな可能性があるかを提案してもらうことができる他、基礎的なことから細かい話まで聞けるようになっています。

弁護士や金融機関などの他の相談先でも初回の相談は無料という場合が多いですが、M&Aについての経験があるかどうかを見極めてから相談するのが必須です。プロである仲介業者にまずは相談してみるのが情報量が多くて役に立つでしょう。