Skip to content
公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/09

M&Aを検討する前に知っておくべきこと

ビジネスを成功させるには、さまざまな知識が必要になり、買収や合併や資本提携に関する知識なども必要になります。さまざまな手法を理解することで、ビジネスにおける経営判断が的確になります。

新しい手法などが登場したら、それをいかに積極的に活用するかを考えるのも大切です。M&Aなどは人気が高まっているビジネス手法となっています。

経営状況の変化を考えることによって

グローバル化による経済状況の変化は著しくて、M&A仲介会社への注目が高まっています。こうした仲介会社を活用して企業買収をすることができます。仲介会社の特徴はさまざまで、着手金が必要な場合と無料の場合とがあります。

着手金が必要な理由として、着手金で相手先企業の選定などをおこなうことがあります。相手先企業の調査では、財務状況の確認や簿外債務の存在があるかないかなどの確認をおこないます。

着手金が必要な場合は、M&Aに成功しなくても費用が発生します。人気があるのが完全成功報酬型です。完全成功報酬型ですと、M&Aが失敗すると報酬が発生しないです。こうしたシステムですと、費用面で安心できます。

仲介会社の選び方はさまざまで、成約率の高さや条件交渉の巧みさを重視することもあります。選定企業の正確さも必要ですし、成約までの期間の短さも大切です。

仲介会社のコンサルタントのモチベーションの高さも重視されますし、説明力プレゼン力もコンサルタントには求められます。M&Aには専門的な知識が必要となり、税理士、会計士や弁護士などの専門家の協力が必要になります。こうした専門家を上手く組織化している仲介会社は、スピーディーな事務処理が可能です。

その効果を上手く想定することによって

企業買収をするときは、シナジー効果などを考えて相手先企業の選定をおこないます。同業種との組み合わせは多いですが、異業種間の組み合わせを考えることもできます。思わぬ組み合わせによって、大きなシナジー効果が生まれることもあります。

仲介会社を選ぶときは、組み合わせを上手く考えられる仲介会社どうかを知るのが大切です。同一業種との組み合わせゆって、販路の拡大が可能となり売り上げ増を見込めます。同一業種ならではの技術をM&Aで吸収することもできます。

買収や吸収合併によって、 スケールメリットが得られて、仕入れの効率化を図ることもできます。スケールメリットがあると、仕入れ価格を抑えることも可能です。買収によって新たな技術の導入できて、ビジネス拡大を拡大できますし、販路拡大によって全国規模の販路を獲得できたりします。

仲介会社を選ぶ際には、買収の成功後のサポートが得られるかを確認するのも大切ですし、従業員に対するケアが的確であるかを知ることも大切です。M&Aの方法はさまざまで、株式取得型は手続きが最も楽で税率も低いです。株式取得型は人気があり、M&A後も同じような感じでビジネスを継続できます。

さまざまな手法のメリットを考えることで

M&Aの手法として事業譲渡があり、事業譲渡は事業の一部分だけ売却ができます。買い手としては、負債がない分野の買収をすることができる利点があります。売り手にとっては残したい分野を残せるメリットがあります。

事業譲渡によって利益率が高くて将来性のある分野を買収して、ビジネスを拡大することもできます。事業譲渡によってビジネスの規模を拡大するメリットは大きいです。新たな技術の獲得をして、ビジネスの成長を促すこともできます。企業規模の拡大させるメリットは大きいです。ビジネスは拡大すると知名度が上がり、広告効果が上がります。M&Aを実行するときは税制を意識する必要もあります。

株式取得型の場合は所得税が主にかかります。事業譲渡を選ぶときは法人税が主にかかります。グローバル時代は競争が激しくなり、経営においてさまざまな判断をする必要があります。上手く経営判断をするには、さまざまな手法を知る必要があります。的確なタイミングで企業買収をすることも大切です。グローバル時代は視野を広く持つことが大切です、企業買収を積極的に仕掛けて販路の拡大に努める必要もあります。

 

グローバル時代の経営は企業買収などを意識する必要があり、企業買収などによって販路の拡大をすることもできますし、新しい技術を吸収することもできます。新しい部門を立ち上げるにはコストがかかりますし、時間もかかります。企業買収をすると費用はかかりますが、新しくビジネスを立ち上げたり、新しい部門を作るよりはコスト的にお得となります。

ビジネスを成長させる方法を上手く考えるのは大切です。シナジー効果を考えるときには発想が必要になります。発想力のある仲介会社に依頼する必要性は高いです。相手先企業を判断するときは財務状況の精査が必要になり、簿外債務などの確認は特に慎重になる必要があります。

買収後の売り上げ予測と利益予測なども大切です。こうしたことにおける仲介会社の役割はとても大きいです。成約率が高くて、交渉力があり、相手先企業の選定力がある仲介会社の存在を知るのはとても大切です。