Skip to content
公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/24

M&A仲介業者を選定する際の比較ポイントを紹介


後継者不在で事業継承をして確かな会社に買い取ってもらいたい、事業の拡大のために自社にない技術やノウハウを手っ取り早く手に入れたいなどの理由でM&A仲介業者に依頼して会社の売買をおこなうケースが年々増加傾向にあります。ここではM&A仲介業者を選ぶ際に抑えておきたい比較ポイントをいくつかご紹介していきます。

その業者のマンパワーを確認しよう

M&A仲介業者選びの際に何といってもまず確認しなければならない比較ポイントは、その業者が信頼に足る業者であるかという点です。信頼できる業者であるかというのは、その業者の担当者や社員などの人の力、いわゆるマンパワーを見抜くことです。

その第一歩として、公式サイトなどで今までどのような案件を手掛けてきたか、この業界で何年間の経験があるかなどという点を詳細に確認する必要があります。単に手掛けてきた案件が多い、業界歴が長いというだけではそこに在籍する人の力は計り知れませんが、経験や実績が少ないよりは多いことに越したことはありません。

それと同時にどんな業界の会社の取引きが得意であるか、経営分野だけでなく法務や税務などにも対応してくれるスタッフが存在しているかなどという点も確認しましょう。

そして、ある程度候補の業者に目星を付けたら電話やメールなどで問い合わせをし、そこでまず担当者の対応を確認します。単にこちらの質問に的確に応えてくれるかといった点を確認することも重要ですが、そこで特に確認しておきたいのが担当者などとの相性です。

1回の連絡などでははっきりと相性が分かることは少ないですが、それでも感覚的にその人と合っているか、少し合わない感じがするかということは分かるはずです。M&Aが成立するまでには長い道のりになります。その長い道のりを協力し合って成功させるためにはお互いの密なコミュニケーションというのが欠かせません。能力や信頼性、そして相性といった業者の総合的なマンパワーを確認することが成功への第一歩です。

対応能力やストロングポイントも確認

その業者の人を見て、信頼に足る所であると判断したら次にそこの対応できる業務の幅やストロングポイントを確認し、各社比較します。

先ほども少し触れましたが、M&A仲介業者には医療系の企業の取引きに強く個人経営の薬局から中規模の製薬会社の取引きまで幅広くおこなっている、事業継承の分野に強く企業を買い取りたいというさまざまな業界の大企業とパイプがあるなどのいろいろな業務幅を持つ所があります。そのような中から自社の求めている業務内容に合致しそうな業者を見つけることが大事です。

さらに、業者のストロングポイントというのは、幅広い業界や業態にコネクションがあり、依頼をするとすぐに条件に合った所に目星を付けてくれる、税理士の資格を持ったスタッフが多数存在し最大限節税対策ができるM&Aの手法を提案してくれるなど業者によってさまざまです。業者のストロングポイントとその他のサービス内容などとのバランスを考えて、自社の利益が最大限になるような所を選ぶことがM&Aの成功のためには欠かせません。

料金体系や手数料の面も要チェック

最後に、料金体系や各種手数料の面を見て業者の最終決定に移っていきます。M&Aの仲介の際には着手金や相手方との基本合意が済んだ後に支払う中間報酬、最終的な引き渡しまでかかる月額料金などさまざまな場面で料金や手数料がかかってきます。

もちろん、料金が安くて細かな手数料が無料のサービスを提供してくれる所が良いですが、それに加えてケースごとの大まかな料金例などを公式サイトなどに掲載している、見積もりのときに概算を出してくれるなどといった、ユーザーのことを考えた対応をしてくれるかどうかという点も比較対象にすべきでしょう。

さらに最終的に支払うことになる、成功報酬の計算方法がどのようなものを使用しているかもチェックが必要です。多くの業者ではレーマン方式という計算式を使用していますが、その計算方式に利用する指標が違うなど細かな面で違いがあります。

利用する指標が違えば計算結果も異なり、同じような内容でも差額が生じる場合があります。どの指標を利用している所が自社にとって有利なのかという点も考慮したうえで、最終的なM&A仲介業者の決定をしましょう。

 

詳細な点までを考慮すれば、ここで記述してきた点以外にもM&A仲介業者の比較ポイントというのは数多くあります。

ただ、その業者の全体像というのはここで記述してきた点を見れば大まかに掴めるため、まずはそうした点を見てから詳細な面にまで目を移していくということが自社のニーズに最大限応えてくれるようなM&A仲介業者選びにおいて大切になってきます。

さまざまな点をじっくりと、なおかつスピーディーにチェックして、売り時・買い時を逃さないようにすることが成功に向けて最も重要な要素であるともいえます。